Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ノルウェーウェルスファンドは、日本の取締役会に多様性と独立性を高めるよう呼びかけています

ノルウェーのソブリンウェルスファンドは、日本のコーポレートガバナンスガイドラインの改正に、より多くの独立性と多様性の要件を含めることを要求しています。

オスロ政府年金基金グローバルの内部マネージャーであるノルウェー中央銀行は、投資運用への別の書簡で述べています。 日本金融サービス機構 この 東京証券取引所 2020年末時点で、日本企業1,499社に762億ドルを投資していた。 3月31日現在、11.03兆ノルウェークローネ(29 1.29兆)の資産を持つファンドの運用会社は、日本のFSAガイドラインの変更について話し合っていました。 投資家と企業の関与および国の企業経営指標の修正に関する株式市場のアドバイス。

同書簡は、「優れたコーポレートガバナンスを通じて少数株主を保護することにより、ファンドの長期的な経済的利益を保護し、促進する必要があると考えている」と述べた。

FSAへの書簡の中で、NBIMの幹部は、日本の株式市場における財務および経営投資の4つの問題として、取締役会の独立性、取締役会の構造、任命プロセス、および一貫性の報告の重要性を強調しました。

「2018年にガイドラインが導入されて以来、日本の取締役会の独立性レベルが徐々に上昇していることが指摘されていますが、懸念の各分野について多くの推奨事項がありました。

FSAは、改訂されたガイドラインで、日本の主要市場に上場している企業の少なくとも3分の1に独立取締役を置くことを推奨しています。 ただし、NBIMは、時間の経過とともに、グループの大多数がグローバルなベストプラクティスに沿って独立したままでいることが奨励されると考えています。

「適切な男女平等」を求めて、NBIMの推奨リストはスキルとバックグラウンドの多様性が高かった。

手紙はまた、利害関係者と企業の間の対話を改善するための勧告を歓迎した。 「長年にわたり、日本企業はますます株主との関わりを望んでおり、特に会長が役員である企業では、独立取締役との直接的な関与を歓迎している」と書簡は述べた。

東京証券取引所に宛てた2通目の手紙は、2015年に導入された日本の企業経営指標の変更に関するアドバイスを検討しています。

取締役会メンバーの自由と多様性への要求を反映して、すべての企業は、年次株主総会に先立って発表される英語の基準に照らして報告することにより、コードをより効果的にすることができます。 「」

「これにより、投票の決定を行う際や日本企業と関わる際に、企業自身の報告を考慮することができるようになる」と書簡は述べた。

両方の手紙は、最高経営責任者兼コンプライアンス責任者のカレン・スミス・イヘナチョと上級経済学者のピーター・アレクシス・ベゲリッチによって署名されました。

READ  日本のニトリ家具チェーンが低価格のステーキハウスをオープン