Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハイアット、高級旅館ブランド「ATONA」を日本全国で初ローンチ – Business Traveler

ハイアット、高級旅館ブランド「ATONA」を日本全国で初ローンチ – Business Traveler

ハイアットと喜楽は、由布市、屋久島、箱根など日本各地に新たな温泉旅館「ATONA」を展開する計画を発表した。

ATONA ブランドは、ハイアットの子会社と、将来の世代のために貴重な資産を保存することに専念する日本の企業である喜楽株式会社との合弁事業の一環として、2022 年に発表されました。

ATONA の最初の旅館は、2026 年に日本有数の温泉地や自然の美しい地域にオープンする予定です。

ハイアットと喜楽はまた、ATONA旅館ホテル開発プロジェクトに積極的に投資する不動産ファンドであるAtona Impact Fundの閉鎖を発表し、100億円(約6,400万米ドル)のシード資金を確保した。

「ATONAブランドを通じて、ワールド オブ ハイアット会員、国内外の旅行者の皆様に日本の温泉と新しい目的地をご紹介できることを楽しみにしています。

ハイアットの日本・ミクロネシア担当バイスプレジデント、サム・サカムラ氏は「取引調達、資産管理、事業開発におけるKirakuの専門知識により、ATONAブランドは高級日本のロッジに対する需要の高まりに応える態勢が整っている」と述べた。

喜楽の創設者兼最高経営責任者(CEO)のコー・サンドバーグ氏は「すでに竹中工務店と提携して長野の歴史ある酒蔵を修復しており、ATONA初の旅館の一等地を特定し、Atona Impact Fundへの資金調達に成功したことをうれしく思う」と語った。より多くの地域活性化プロジェクトとの協力を拡大できることに興奮しています。」

「ATONA」は、「あなたと私」を意味する2つの古い日本語(吾汝)を組み合わせた、深いつながりを表現したものです。

ATONAの各旅館は、温泉とユニークな目的地に焦点を当て、地元の豪華でユニークな料理体験と組み合わせた「マイクロ・ラグジュアリー」のコンセプトを採用するように設計されます。

ATONAの物件には通常30~50室の客室があり、オープンキッチン付きのレストランや季節の食材を使ったバーを備えています。

著名な日本人デザイナーである原研哉はATONAのブランドディレクターを務めており、地元の伝統と美学に関する幅広い知識をもたらしています。 彼には、地元の工芸品の保存に専念する東京と上海を拠点とする会社、kooo Architects の建築家、小島真也氏と小島彩香氏が加わります。

ハヤットコム

READ  米国連邦準備制度の減速と中国の景気刺激策の兆候を受けて、アジアの株式は上昇しました。