Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハマスはガザでの3段階の停戦計画を検討中、イスラエル過激派は首相に警告イスラエルによるガザ戦争のニュース

ハマスはガザでの3段階の停戦計画を検討中、イスラエル過激派は首相に警告イスラエルによるガザ戦争のニュース

ハマスはガザ停戦に向けた3段階の提案を検討していることを確認したが、イスラエル政府の強硬派は合意に気に入らない場合は連合を崩壊させると脅した。

パレスチナ運動の政治指導者、イスマイル・ハニヤ氏は火曜日、戦争を停止し、イスラエル人とパレスチナ人の捕虜の交換を認めるという週末にパリで提案された提案を検討していることを認めた。

ハニヤ氏は声明で、同団体は「侵略の包括的な停止につながるのであれば、真剣かつ現実的な取り組みやアイデアについて話し合う用意がある」と述べた。

ハマスはまた、この計画は「ガザ地区からの占領軍の完全撤退」を確実にするものであると述べた。

同氏は、同グループの指導部が枠組み合意に関する「統合ビジョン」に到達するためにカイロを訪問するよう招待を受けたと付け加えた。

3段階

ハマスはロイターに送った声明で、この提案には3つの段階が含まれていると述べた。 この計画はガザ地区のハマス指導者らの意見を得るためにガザに送られた。

声明には、「ハマス指導部はこの文書について議論し、最終的な意見を表明するために会合する」と述べられている。

関係者が通信社に語ったところによると、第1段階では戦闘を停止し、人質となった高齢者、民間人、女性、子供を解放することが含まれるという。

壊滅的な人道危機に直面しているガザへの大量の食料と医薬品の輸送が再開される予定だ。

第2段階では、イスラエル女性兵士の解放、援助物資のさらなる増加、ガザへの公共サービスの復旧などが行われる。 2人の関係筋によると、第3段階ではパレスチナ捕虜の解放と引き換えに死亡したイスラエル兵の遺体が解放されることになる。

ハマスの声明では、第2段階には男性新兵の釈放も含まれるとしている。

さらに「3段階の間、双方の軍事作戦は停止される」と付け加えた。 同氏は、釈放されるパレスチナ捕虜の数は「イスラエル側が重刑を宣告された人々の釈放に向けた準備を進めているため、あらゆる段階で」交渉プロセスに委ねられると付け加えた。

この段階的アプローチの最終目標は、イスラエルが刑務所に拘束されているパレスチナ人捕虜をさらに釈放するのと引き換えに、戦争を終わらせてガザに拘束されている男性兵士を釈放することである。

当局者はロイターに対し、ハマスが枠組み提案に同意した場合、停戦協定と人質や捕虜の解放に関するロジスティックの詳細を詰めるのに数日から数週間かかる可能性があると語った。

進捗

カタールのシェイク・モハメッド・ビン・アブドゥル・ラーマン・ビン・ジャシム・アール・サーニー首相は、パリで議論された枠組みはイスラエルが提示した当初提案とハマスが提示した対案の要素に基づいていると述べた。

同氏は月曜、ワシントンのシンクタンク、アトランティック・カウンシルで「我々は、全員を団結させる合理的な根拠を見つけるために、物事を組み合わせようとした」と述べた。

同氏は、先週末のエジプト、イスラエル、米国の情報当局者らの会合で潜在的な合意に関して「良好な進展」が見られたと付け加えた。

カタール首相は、ハマスが以前、交渉入りの前提条件として恒久的な停戦を要求していたと指摘した。 しかし、同氏は、彼女の立場が変化する希望があると述べた。

「我々はその場所から、将来的に恒久的な停戦につながる可能性のある場所に移動したと思う」と彼は語った。

ガザのパレスチナ・イスラム聖戦運動は、包括的な停戦とガザ地区からのイスラエル軍の撤退を確保しない限り、イスラエル人人質に関するいかなる合意も締結しないと発表した、と同運動のジアド・アル・ナハラ事務総長が述べた。火曜日の声明。

「政府部門」

ベンヤミン・ネタニヤフ首相は火曜日、イスラエルはハマスに対する「完全な勝利」が得られるまでガザでの戦争を続けると述べた。

同氏は戦闘停止合意の一環として「数千人」のパレスチナ捕虜の釈放を除外し、軍はガザから撤退しないと述べた。

「はっきりさせておきたいのですが…我々はIDFを撤退させるつもりはありません」 [army] ガザ地区から、そして私たちは何千人ものテロリストを解放しません。 同氏は占領下のヨルダン川西岸地区にあるイーライ入植地での演説で、「このようなことは何も起こらない」と語った。

ネタニヤフ首相は、ハマスに拘束されている残りの捕虜の家族から、釈放を確保するための合意に達するよう大きな圧力を受けている。

イスラエルの統計によると、ハマスは10月7日、イスラエル国内で少なくとも1,139人を殺害し、約240人の捕虜を捕らえた。

しかし、ネタニヤフ首相は政権内の強硬派連立パートナーからも戦争継続を迫られている。

火曜日初めに報じられた休戦交渉について、イスラエルの極右大臣イタマール・ベン・グヴィルは、ハマスとの合意に達すれば政府の崩壊につながると示唆したようだ。

「性急な取引=政府の分裂」とベン・グヴィル氏はXに書いた。

国土安全保障大臣は、紛争に関する扇動的なコメントで知られている。 しかし、彼の率いるユダヤの力(オツマ・ユーディット)党はイスラエル連立与党の主要なプレーヤーである。

アルジャジーラのムハマド・ジャムジューム記者はテルアビブから報じ、匿名のイスラエル当局者らは政府がハマスに提示された協定に署名したことを確認したと述べた。 これには、数千人のパレスチナ捕虜の解放と引き換えにガザ地区での戦闘を停止し、イスラエル人捕虜を解放することが含まれる。

ジャムジューム氏は、右翼政府のメンバーはこの協定に反対しているが、イスラエル野党指導者で元首相のヤイル・ラピッド氏は、捕虜を自宅に戻すことを意味するのであれば政府を支持すると述べたと述べた。

ジャムジューム報道によると、アントニー・ブリンケン米国務長官も、ガザでの戦後シナリオについて話し合うため、戦争開始以来6回目の同地域訪問で土曜日にイスラエルに到着する予定だという。

エスカレーション

ガザでの戦闘が激化するにつれ、提案書はハマスに配布された。

ガザ保健省によると、封鎖された飛び地全域でのイスラエル軍の激しい攻撃と市街戦により、一夜にしてさらに128人が死亡した。

イスラエルの「暗殺部隊」も、占領下のヨルダン川西岸の病院で秘密作戦を行い、「テロリスト」と称した男性3人を殺害した。

ハニヤ氏は、「世界はヨルダン川西岸地域で国民が受けている拷問政策や処刑、逮捕を含め、これらの虐殺と戦争犯罪を阻止するために占領軍に圧力をかけなければならない」と述べた。

戦闘が激化する中、イスラエルは10月7日の攻撃に参加したとして国連パレスチナ難民機関(UNRWA)の職員約12人を非難し、米国やドイツなどの主要援助国に資金提供の停止を促した。

ハニヤ氏は、拠出金一時停止という各国の決定は、ガザへの人道支援の拡大を求めた国際司法裁判所が先週出した暫定判決に対する「明らかな違反」であると述べた。

ハマス指導者は、援助を削減する国々は「飢餓と包囲によるイスラエルの占領」を支持していると強調した。

READ  最新のコロナウイルス:米国はカナダとメキシコとの国境で旅行制限を延長します