Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハリウッド大作の喪失で日本の興行収入回復は2023年に失速

ハリウッド大作の喪失で日本の興行収入回復は2023年に失速

日本の興行収入は2022年に大きく回復した後、2023年にはわずかに増加したが、ビジネスは依然として、新型コロナウイルス感染症パンデミック前の平年最後の年だった過去最高を記録した2019年を下回る水準にある。

この年次統計は火曜日に日本映画製作者協会(映連)によって発表され、「2023年」のデータは特に2022年12月初旬から11月末までの期間を対象としている。

チケット売上は2022年の1億5,200万枚から2023年には1億5,500万枚へと2%増加しました。現地通貨での興行収入総額は213兆円から221兆円へと4%増加しました。 日本円がここ数年で最低水準に下落したため、これはドル換算で15億ドルに相当する。

2023年の入学者数は2019年の1億9,500万人より20%少ない。 2023年の興行収入は、日本の通貨が米ドルに対してはるかに価値があった2019年の261兆円よりも15%低い。

日本の映画館に上映される輸入映画と国産映画の数は、2022年にほぼ通常に戻りました。2023年の数字(国内タイトル676タイトル、輸入タイトル556タイトル)はほとんど変化がありませんでした。 合計1,232タイトルがリリースされました。 これに対し、2022 年は 1,143 人、2019 年は 1,278 人です。

最大の変化は、過去 2 年間で地元の日本映画が高い市場シェアを獲得したことです。 2022年には日本映画が総収入の69%を占め、2023年には67%に低下した。輸入タイトル(主にハリウッド映画)は、日本映画のシェアが54%だった2019年から15ポイント減少した。

この期間で最も興行収入を上げた映画は東映配給の『初代スラムダンク』で159億円(1億800万ドル)で、日本をテーマにしたハリウッド映画で好調の『スーパーマリオブラザーズムービー』を上回った。 『リネージュ』が140億2000万円(9,510万ドル)、東宝の『名探偵コナン 黒鉄の潜水艦』が138億円(9,360万ドル)。

このほか日本映画では、「少年とサギ」が88.4億円、「キングダム:運命の炎」が56.0億円などの成績を収めた。 2023年11月公開予定の『ゴジラ マイナスワン』は期末までに興収55.9億円を記録した。

ハリウッド映画としては『ミッション:インポッシブル/推測航法 パート1』が54億3000万円(3680万ドル)で2番目に高かった。

注目すべきは、2023年の他の国のランキングで好成績を収めたバルベンハイマーコンビの欠場だ。 「バービー」は日本でトップ50タイトルに入ることができなかったが、「オッペンハイマー」は2024年3月に公開される予定だ。

READ  キム・カーダシアン、6,000万ドルの邸宅で撮影された新しいビデオで、巨大な寝室を飛び回りながらスポーツブラが飛び出そうになる