Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハリス副大統領と岸田首相との会談の朗読

カマラ・ハリス副大統領は本日、東京で岸田文夫首相と会談しました。 副大統領は、安倍晋三元首相の暗殺に同情を表明し、副大統領が米国大統領代表団を率いる明日の国葬に先立って、彼の遺産について話し合った。 副大統領は、安倍前首相を日米同盟と自由で開かれたインド太平洋の擁護者として称賛し、その遺産を築き続けるという米国のコミットメントを確認した。

副大統領は、日米同盟がインド太平洋地域の平和と安定の礎であることを強調し、自由で開かれたインド太平洋地域を促進するための努力について話し合った。 副大統領は、日本の防衛に対する米国の鉄壁のコミットメントを再確認した。 両首脳は、台湾海峡における最近の中華人民共和国による侵略と無謀な挑発について議論し、台湾海峡の平和と安定を維持することの重要性を再確認した。 首脳は、最近の朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)による弾道ミサイルの発射を非難し、北朝鮮の核および弾道兵器計画によってもたらされる脅威に対抗するために協力することを約束した。 彼らは、北朝鮮による拉致問題を解決することの重要性について話し合いました。 副大統領は、商業、民生、防衛分野での宇宙協力の拡大を歓迎し、これらの分野でのパートナーシップを拡大する機会について話し合いました。 特に、彼らは、国際的な規則と規制を策定し、二国間の宇宙協力を管理するための基本的な文書を完成させる必要性について議論しました。

副大統領は、地域および地球規模の問題における日本のリーダーシップについて首相に謝意を表した。 副大統領と首相は、ロシアのウクライナ侵攻に関する最近の進展を検討し、副大統領は、ロシアに責任を負わせるための首相の断固たる行動を認めた。 両首脳は、東南アジア、太平洋諸島及びラテンアメリカにおける協力を促進することの重要性を強調した。 副大統領は、日米韓の三国間協力の利点を強調し、共通の安全保障上の懸念と日韓に関する二国間関係の緊密化に向けた進展を歓迎した。

# # #

READ  日本4月の消費者インフレ率は7年ぶりに日銀の目標を達成