Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハンセン病患者に対する差別が根強く残っていることが日本での調査で判明

ハンセン病患者に対する差別が根強く残っていることが日本での調査で判明

日本で行われた調査では、回答者の35%がハンセン病(ハンセン病)患者に対して偏見や差別を感じていると回答した。

厚生労働省はこのほど、ハンセン病(ハンセン病)患者とその家族に対する偏見や差別に関する初の全国調査を実施した。 発表された報告書は、「偏見と差別は依然として深刻な問題として存在している」と指摘し、日本社会にはその状況に対する認識が欠けていると付け加えた。

ハンセン病は、「ハンセン病桿菌」としても知られるらい菌によって引き起こされる感染症です。 これにより、手足などの末梢神経の感覚が失われ、皮膚にさまざまな病的症状が現れます。 ハンセン病菌の感染力は非常に弱く、早期発見して適切な治療を行えば後遺症を残さずに治癒することが可能です。 20世紀初頭以来、日本政府はこの病気の人々を隔離し、療養所への滞在を強制する政策を採用した。 さらに、患者とその家族は偏見や差別にさらされていました。 旧優生保護法のもとで患者には不妊手術や中絶手術が行われていた。 患者の隔離を奨励したハンセン病予防法は1996年まで廃止されず、最終的に隔離政策は終了した。

同省の発表によると、調査回答者の38%がハンセン病について知っており、52.2%がハンセン病について聞いたことがあると合計90%が回答した。 一方、「分からない」との回答は9.8%だった。 元患者やその家族に対する偏見や差別については、回答者の39.6%がそのような考え方が世界にまだ存在すると思うと答え、60.4%は偏見や差別がまだ存在するとは思わないと答えた。 自分自身がハンセン病患者に対して偏見や差別を感じているかという質問に対しては、35.4%が「感じている」、64.6%が「感じていない」と回答した。

元ハンセン病患者やその家族に対する偏見や差別はありませんか?

ハンセン病に関して偏見や差別を持っていますか?

調査の質問のうち 9 件は、元患者およびその家族との接触の可能性に関するものでした。 日常的な接触に関する5つの質問(同じ近所に住んでいる、同じ職場で働いている、同じ学校に通っているなど)について、自分自身を「非常に抵抗がある」または「やや抵抗がある」と答えた回答者は10%未満でした。 しかし、一緒に食事をする(12%)、手を繋ぐ(18.5%)、ホテルや他の場所で同じトイレを使う(19.8%)、家族と一緒にいるなどの個人的な接触には、より大きな抵抗がありました。 元患者の家族と結婚する(21.8%)。

9つの調査質問すべてについて、小学校、中学校、高校でハンセン病について勉強した生徒は、実際に他の生徒よりも高いレベルの抵抗を示す傾向がありました。 ハンセン病患者を療養所に強制隔離することは、治療法が導入された後でも避けられない措置であり、少なくとも部分的にはハンセン病患者が同意する可能性が高かった。

同省の報告書は、政府の教育・啓発活動が「大衆に届いていない」と結論づけている。 状況を改善するには、現在の活動を早急に見直す必要があります。 全国調査は2023年12月にオンラインで実施され、合計2万916件の回答を得た。

元ハンセン病患者を支援する運動は、隔離政策を違憲として国に損害賠償を命じた熊本地方裁判所の判決を受けて2001年に始まった。 裁判所は元患者で構成された原告に有利な判決を下した。 政府はこの判決を控訴せず、法律として確定し、補助金制度の導入につながった。 2019年、熊本地方裁判所は政府に対し、隔離政策の結果受けた差別に対して元患者の家族への賠償を命じた。 政府は判決に対して控訴しないという政治的決断を下し、遺族に損害を賠償する法律が可決された。

日本のハンセン病療養所

ハンセン病患者の多くは、医療施設に収容された後、社会や家族から切り離されてしまいます。 隔離政策が撤廃された後も、多くの元患者は社会に復帰できず、療養所に滞在せざるを得なくなった。 厚生労働省によると、日本には国立の保健所が13カ所、民間の保健所が1カ所あり、計720人が対応している(2024年5月1日現在)。

(バナー写真:2001年5月23日、首相官邸でハンセン病訴訟の原告代表らに挨拶する小泉純一郎首相(右)。©GG)

READ  日本と韓国、通貨スワップ協定の更新で合意