Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハース、シュタイナーを「生存運転」違反の疑いで告訴

ハース、シュタイナーを「生存運転」違反の疑いで告訴

シュタイナー氏が未払いの手数料未払いを理由にノースカロライナ州でハース社を相手に訴訟を起こしていることが明らかになった数日後、ハース氏がカリフォルニア州で自ら訴訟を起こしたことが知られた。

カリフォルニア州西部地区中央地区に提出された法廷書類の中で、ハース氏は、シュタイナー氏とその出版社であるテン・スピード・プレス社が、商標規則に違反していると思われる画像を公開するという違法行為を行ったと述べている。

ハースの文書は次のように主張している。「2023年、シュタイナーはハース・オートメーションの許可または同意なしに、『Surviving to Drive』(以下「告発製品」)と題する出版物を執筆、販売、宣伝、販売、配布し、利益を得た。および Haas Automation Trade Dress および Haas Automation Trade Dress の表示商標であり、シュタイナーの個人的な金銭的利益および不正に得た利益のために使用および表示し続けます。

「ハース・オートメーションは、シュタイナーによる告発製品におけるハース・オートメーションの商標またはハース・オートメーションのトレードドレスの使用を決して承認しなかった。」

彼女はシュタイナー氏に懸念を伝えたが、満足のいく返答が得られなかったため、法的措置に踏み切った、と述べた。

「ハース・オートメーション社はシュタイナー氏に訴訟の事前通知を行ったが、現在に至るまでシュタイナー氏は侵害行為を止めたり軽減したりする措置を講じておらず、即時訴訟が必要だ」と各紙は付け加えた。

「シュタイナーは、ハース・オートメーションの独占的知的財産権を侵害し、印刷物やデジタルを含むがそれに限定されないさまざまなメディアで告発製品を販売および宣伝している。

「オンライン情報によると、2024年1月の時点で、告発された製品は少なくとも15万個販売され、少なくとも450万ドルの収益を上げていた。」

ハースは被告らに損害賠償を求めており、この問題について陪審裁判を開くよう裁判所に要請している。

法廷書類は、ハースが自社のCNC工作機械事業とモータースポーツ活動に関して複数の連邦関連商標を所有しており、表紙を含む書籍に画像を掲載しているが違法であると主張している。

シュタイナーとハースは契約が延長されなかったため、昨年末に同社と袂を分かった。

彼は、2016 年の結成以来バンベリーを拠点とするチームに所属しており、Netflix シリーズ「Drive to Survive」への出演のおかげで、F1 界で著名な人物になりました。

カリフォルニア州での訴訟が進められた場合、おそらく評価が必要となる主な問題は、シュタイナー氏とテン・プレスによる画像の使用がフェアユースとみなされるかどうかだ。

フェアユースでは、個人および出版社が、解説、批評、ニュース報道、コメディなどのさまざまな目的で、同意なしに他者の商標を使用することが認められます。

READ  「任天堂は残酷すぎる」 - YouTuber が日本の大手任天堂を DMCA 慣行で非難