Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハートリーはル・マンでトヨタのために6年連続でフィニッシュした

フォーミュラワンF1-アブダビグランプリ-アラブ首長国連邦、アブダビ、ヤスマリーナサーキット-2018年11月25日レース前のトロロッソのブレンドンハートレイロイター/ハマドアルアワルモハメド

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

6月9日(ロイター)-ニュージーランド人のブレンドン・ハートレイは、木曜日のル・マン24時間レースでディフェンディングチャンピオンのトヨタの予選1-2を突破し、日本チームはサルトサーキットでポールポジションで6位に終わった。

スイス人ドライバーのセバスチャン・ブエミと日本人の廣川亮と8番の​​GR010ハイブリッドを共有するハートリーは、3分24.408秒のベストタイムを記録しました。

昨年3時23分900秒で1位に終わった日本の小林可夢偉は、6年ぶりに5位を奪い、ハートリーより0.177遅くなった後、トヨタで7位で2位に終わった。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

2017年と2020年にポルシェ、そしてトヨタでル・マンを制したハートリーは、「信じられないような気分だ。去年はその準備ができていた。カムイが5位でフィニッシュしたかったのは残念だ。それは。”

昨年は7号車が優勝し、小林、イギリスのマイク・コンウェイ、アルゼンチンのホセ・マリア・ロペスがチームに残った。

ルノーが所有するアルピーヌは、フランス人のニコラ・ラピエールが#36車のホイールでハイパーポールセッションを行った後、グリッドで3位でフィニッシュし、トヨタからシャフトを掴むことができたようです。

土曜日に62チームと186人のドライバーで始まる世界耐久選手権のショーケースであるレースの第90版のスーパーカークラスには、5つのエントリーしかありません。

LMP2カテゴリーでは、オランダ人ドライバーのロビン・フラインスがWRTチームで最速でした。

ポール認定フォーマットは2020年に最初に導入され、各カテゴリーで6つの最速チーム、またはスーパーカーの場合は5つのチームを特徴としています。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(カバー)ロンドンのアラン・ボールドウィン著、エド・オズモンドによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本のスーパースター姫野和樹は、彼が高所を離れたくないことを明らかにしました