Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バイデンが戦略的備蓄から利益を得る準備をしているとき、OPEC +は対応を警告します| OPECニュース

埋蔵量を活用することは燃料価格の上昇を緩和するのに役立ち、多くの国がこのステップを検討しています。

OPEC +の関係者は、世界最大の石油消費者が戦略的在庫から石油を取り除く計画に耳を傾け、世界のエネルギー市場を支配するための戦いにつながる可能性があると警告しています。

関係者によると、ジョー・バイデン大統領は火曜日に中国、インド、日本、韓国と協力して戦略的石油備蓄から埋蔵量を解放する計画を発表する予定である。 計画に数週間かかるこの動きは、今年のドライバーと企業の燃料価格の上昇を緩和することを目的としています。

OPEC +の代表団は、最大の顧客の在庫から数百万バレルを解放することは、現在の市況のために正当化されておらず、組織は来週会合するときに石油生産を増やす計画を再考する必要があるかもしれないと述べた。

紛争は、2020年初頭のサウジアラビアとロシア間の価格戦争以来、石油の地政学における最大の違いを脅かしています。政治家や中央銀行家が十年。 それはまた、伝統的に中東における米国の関係の基礎である、ワシントンとリヤドの間の緊張した関係を示しています。

状況は依然として流動的であり、計画は変更される可能性がありますが、米国は時間の経過とともに3,500万バレル以上を放出することを検討しています。 一時停止された発表は、公式声明の前に匿名を要求した人々によって説明されました。

RBCキャピタルマーケッツLLCのチーフコモディティストラテジストであるヘリマクロフトは、次のように述べています。

差し迫った株式リリースにもかかわらず、トレーダーがOPEC +の反応に対する期待を比較検討したため、ニューヨークの価格は1%近く上昇して1バレル76.63ドルになりました。

23カ国の同盟は、パンデミックの最中に停止された物資の返還を早めるために、今月初めに米国大統領ジョー・バイデンと他の人々からの呼びかけをすでに拒否しました。 個人的な審議について話し合っている間、名前を挙げられなかった代表団は、彼らが実施した生産のわずかな増加でさえ、グループが来週会合するときに今再評価されるかもしれないと言いました。

リヤドに本拠を置く国際エネルギーフォーラムの事務局長であるジョセフ・マクモニグル氏は、月曜日の声明で、「OPEC +エネルギー相は、市場に徐々に供給を増やすという現在の計画を維持することを期待している」と述べた。 マクモニグル氏は、日本の外務省当局者との会談後、「しかし、欧州での戦略的備蓄の解放や新たな閉鎖など、予期せぬ外的要因により、市況の再評価が促される可能性がある」と述べた。

バイデンにとって、調整された解放は、特に中国の関与を考えると、米国にとって外交上の勝利となるでしょう。 この問題は先週の仮想サミットで習近平大統領と話し合われた。

価格を下げるための彼の戦いは、コロナウイルスのパンデミックの開始時に価格が暴落した2020年初頭に価格戦争を終わらせるようにサウジアラビアとロシアを説得する前任者のドナルド・トランプによる努力とは対照的です。

また、自動車から肉まですべての価格が上昇しているインフレ環境では、大国の石油価格のしきい値が低くなっていることも示しています。 オバマ政権の間、石油は政治的な引火点になることなく、1バレルあたり100ドル以上を何年も費やしました。

この動きは、国際エネルギー機関の後援の外の主要経済国からの最大の原油備蓄排出量を表すでしょう。 リビアでの不安と供給の混乱をきっかけに2011年に6000万バレルを放出するなど、これまでの世界的な資源タップの取り組みは、中国が加盟していない国際エネルギー機関によって調整されてきました。

日本の岸田文雄首相は土曜日に、彼の政府が月曜日に同様の動きを検討していると言った米国のインド当局者のような国と調整して準備金を解放することを検討していると言いました。 火曜日に、インド当局は彼らが参加する可能性が高いと述べた。

中国、インド、日本からの支持を獲得し、世界の4大消費者を集めるというバイデンの決定は、伝統的に中東で最も近いアメリカの同盟国であるサウジアラビアではうまくいかないでしょう。

今年初めに就任して以来、バイデンは、ジャーナリストで活動家のジャマル・カショギの殺害を非難した、王国の事実上の支配者であるモハメッド・ビン・サルマンと直接取引することを拒否しました。

石油輸出国機構(OPEC)とその同盟国は、12月2日に会合を開き、1月に1日あたり40万バレルの増産を検討する予定です。

READ  カタール-日本がドーハで最初の戦略的対話を開始-ドーハニュース