Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バイデンは、「唯一の政府」が人々を月と火星に連れて行くことができると主張している

主張:ジョー・バイデン大統領は、「政府だけ」が人間を月と火星に連れて行く科学的進歩を達成できると主張しました。

評決:ほとんど間違っています。 NASAは大きな進歩を遂げましたが、SpaceXのような民間企業もそうです。

バイデン大統領は議会への最初の共同演説で、「政府だけが人々を月と火星に送ることができる」と言って、2.3兆ドルのインフラ計画を擁護しようとしました。

バイデンの主張は、「政府だけが何でもできる」という通常の左翼の信念の単なる繰り返しです。 2009年1月、バラク・オバマ次期大統領 主張確かに、雇用や長期的な成長を政府だけに頼ることはできませんが、現時点では、政府はこの深さと深刻さの不況から抜け出すために必要な短期的な後押ししか提供できません。

特に宇宙に関して言えば、バイデンは単に間違っています。 NASAは宇宙飛行士を月に連れて行きました-アポロ11号のミッション中に月を周回し、水曜日の早い時間に亡くなった故マイケル・コリンズを含みます。 パーサヴィアランスローバーは最近火星に着陸し、火星はヘリコプターを飛ばして地球上で飛行機の初飛行を開始しました。

しかし、近年の宇宙飛行と探査の多くの開発は、特にオバマがNASAを格下げした後、民間産業によって主導されてきました。 (ドナルド・トランプ大統領が代理店を以前の栄光に戻すには時間がかかります。)

アメリカ人は昨年、再利用可能なロケットを開拓し、火星に人間を乗せるための最近の取り組みを主導したイーロンマスクの民間企業であるスペースXのおかげで宇宙に戻った。 ちょうど先週、NASAの宇宙飛行士 フライトが中断されました SpaceXドラゴン宇宙船に乗って国際宇宙ステーションへ。 SpaceXが政府と協力して機能しているのは事実です。 しかし、「政府だけ」がアメリカ人を宇宙や遠くの惑星に送ることができるというのは真実ではありません。 プライベートプロジェクトが鍵でした。

Joel Pollackは、ブライトバートニュースアンドホストのシニアエディターアットラージです。 ブライトバートニュースサンデー 日曜日の夜、東部標準時午後7時から午後10時(太平洋夏時間午後4時から午後7時)のシリウスXMパトリオットで。 彼は最後の電子書籍の著者であり、 自由でも公正でもない:2020年の米国大統領選挙。 彼の最後の本、 レッド11月保守的な観点から2020年民主党予備選挙の物語を語っています。 2018 Robert Novak Alumni JournalismFellowshipを受賞しました。Twitterで彼をフォローしてください。 ツイートを埋め込む

READ  宇宙の箱舟? 日本の研究者たちは、国際宇宙ステーションでマウスの遺伝子を保存することに成功しました。