Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バイデン氏、再選争いを戦う中で寄付者からの圧力に直面

バイデン氏、再選争いを戦う中で寄付者からの圧力に直面

  • 著者、 ナディーン・ユセフ
  • 役割、 BBCのニュース

ジョー・バイデン大統領は、再選キャンペーンの重要な日に直面する中、一部の主要な民主党献金者からの圧力に直面している。

多くの寄付者は、先週の討論会での悲惨な成績を受けてバイデン氏が党の候補者に交代しない限り、資金提供を停止すると公に警告している。

これらの人々には、ディズニー家の財産の相続人であるアビゲイル・ディズニー、ハリウッドのプロデューサーであるデイモン・リンデロフ、ハリウッドのエージェントであるアリ・エマニュエル、慈善家で実業家のギデオン・スタインが含まれます。

バイデン氏は今週、異例の金曜ゴールデンタイムのテレビインタビューやウィスコンシン州での集会などを通じ、自身の立候補力を高めようとしている。

81歳のバイデン氏に対し、討論会で思考回路を失い理解不能になる場面が何度かあったことを受け、辞任を求める圧力が高まっている。

同氏はその夜「間違いを犯した」と認めたものの、来年11月の大統領選挙でドナルド・トランプ氏に対抗する党の旗手であり続けると誓った。

トランプ大統領は木曜日、7月4日の米国独立記念日に合わせてホワイトハウスで開かれた集会で、「私はどこにも行かない」と述べた。

ディズニーさんは米ビジネスニュースチャンネルCNBCに対し、バイデン氏が11月にトランプ氏に勝利するとは思えないと語った。

彼女は支持を撤回する意図は「軽視ではなく現実主義」からだと述べた。

「バイデン氏は善良な人物で、見事に国に貢献してきたが、賭け金は高すぎる」と長年にわたり多くの民主党員や民主党の大義を支援してきたディズニーさんは語った。

「バイデン氏が辞任しなければ、民主党は敗北するだろう。私はそれを確信している。この敗北の結果は本当に悲惨なものになるだろう。」

彼女の警告のおかげで、彼女は他の裕福な寄付者のグループに加わることになった。

スタインさん 彼はニューヨークタイムズに語った バイデン氏が辞任しない限り、家族は大統領選で活動する非営利団体や政治団体から350万ドル(約2億8000万円)を差し控えるという。

この選挙サイクルで民主党に10万ドル以上を寄付したリンデロフ氏は、他の寄付者に対し、彼が「DEMbargo」と呼ぶ場所に資金を保管するよう促す公開論説を書いた。

「相手がお金を要求するメールを送ってきたら、一銭も渡さない、チケットの上部に残額が表示されるまで気が変わらないことをメールで返信してください。」 リンデロフ氏はDeadlineに次のように書いた。

フィナンシャル・タイムズ紙が木曜日に報じたところによると、エマニュエル氏はコロラド州での会見で、バイデン氏の選挙戦からの撤退を確実にするためには資金の差し止めが鍵となると語った。

「資金が入ってくるかどうかは、今後数週間のうちに分かるでしょう…私は多くの大口寄付者と話をしましたが、彼らはすべての資金を議会と上院に移しているのです。」

他の主要な資金提供国の一部は資金を削減すると脅してはいないが、大統領に撤退するよう国民の圧力をかけている。

ネットフリックスの共同創設者で民主党への最大の献金者の一人であるリード・ヘイスティングス氏は米メディアに対し、バイデン氏は「強力な民主党指導者がトランプ氏を倒し、我々の安全と繁栄を維持できるよう身を引く必要がある」と語った。

バイデン氏が辞任した場合、後任を選ぶ競争が破壊的で混乱に陥る可能性について懸念を表明する人もいる。

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、 長年民主党に寄付してきたアビゲイル・ディズニー氏はCNBCに対し、寄付を停止したと語った。

BBCが今週取材した大口寄付者の一人は、匿名を条件に、今月下旬にバージニア州の自宅で予定されている大統領への募金活動を実施する予定だと語った。

「私たちは皆、ドナルド・トランプをホワイトハウスから締め出したいと思っている。おそらくそれが私たちの結束を保つことになるだろう」と彼は語った。

バイデン陣営は討論会当日から週末までに3800万ドルを集め、6月だけで総額1億2700万ドルを集めたと発表した。

バイデン氏のチームと大統領は、バイデン氏が厳しい討論を行ったことを認めたが、選挙戦で国民に体力があることを示す用意があると述べた。

トランプ氏は金曜日、討論会後初のテレビインタビューで、自身の年齢と精神的能力についての懸念を和らげるためにABCと対談する予定だ。

トニー・エバーズ知事とともに選挙運動のためウィスコンシン州マディソンに向かう予定もある。

しかし大統領は、アトランタでの討論を受けて共和党のライバルのリードが拡大したことを示す一連の否定的な世論調査に直面している。

水曜日に発表されたニューヨーク・タイムズ紙の世論調査によると、トランプ大統領は現在、これまでで最大の6ポイントの差を維持している。

BBCの米国パートナーであるCBSニュースが発表した別の世論調査では、重要な激戦州でトランプ氏がバイデン氏を3ポイントリードしていることが示された。

READ  州内で洪水や土砂崩れが起き、カリフォルニアが新たな嵐に見舞われる:ライブアップデート