Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バイデン氏、対立について議論するようトランプ大統領を挑発「水曜日は暇だと聞いた」

バイデン氏、対立について議論するようトランプ大統領を挑発「水曜日は暇だと聞いた」

ジョー・バイデン大統領と共和党のライバル、ドナルド・トランプ氏は、両候補が11月の選挙前に討論会を開催することで合意した後、激しい言葉を交わした。

バイデン氏が最初のパンチを放ったのは、午前中にトランプ氏に討論会を挑むビデオを公開し、前大統領が口止め料の支払い疑惑で進行中の裁判(週の半ばに休憩を取る)を指摘したことだった。

「水曜日は空いていると聞いています」と大統領は言った。

バイデン氏と前大統領の素早い話し合いの後、両氏は6月27日に2020年以来初めて壇上で対決することで合意した。

トランプ大統領はバイデン氏の挑戦に対し、「いつ来るか教えてください。大騒ぎする準備をしましょう!!!」と述べた。

2020年の大統領討論会でトランプ氏とバイデン氏が対決 (ロイター)

バイデン氏の最初のビデオには、トランプ大統領が2020年の選挙サイクル中に参加した2回の討論会で敗北したと宣言する様子が映されている。

同氏は、2024年の共和党予備選で一度も討論会に出席することを拒否した前大統領を嘲り続け、トランプ大統領は討論をしたくないと非難し続けていると主張した。

「今、彼はまた私と議論したいというような態度をとっているのですか? 『それでは、一日を楽しく過ごしてください、友よ』と彼は言いました。『二回やります』」 「それでは日程を決めましょう、ドナルド。 「水曜日は空いていると聞きました。」

トランプ大統領は、自身のソーシャルメディアプラットフォーム「Truth Social」で特徴的な暴言でこの挑戦に応じた。

「ひねくれたジョー・バイデンは、これまで私が出会った中で最悪の討論者です。彼は2つの文章をまとめることができないのです!」 クルックド氏は米国史上最悪の大統領でもある、と彼は書いた。

「極めて破壊的な国境開放政策、とんでもない新たなEV義務、圧倒的なインフレ、高税を許容する政策、そして世界に『火をつける』ことを許す真に弱気な外交政策を米国民に説明できるよう、議論の時が来た」

トランプ大統領は、6月と9月に討論会を開催することに同意する「準備ができており、喜んでいる」と述べ、バイデン氏が本来であれば討論会を開催することになっているが、討論会を2回以上開催し、興奮を高めるためには非常に大きな会場を強く推奨すると主張した。恐れている。” 群衆 – それは彼が群衆を理解していないだけです。

ジョー・バイデンは6月にドナルド・トランプに討論会を挑む (バイデン陣営)

その直後、バイデン氏は「いつでもどこでも」討論する用意があるとしてトランプ大統領の言葉を信じ、東部時間6月27日午後9時からアトランタで行われる討論会に参加するというCNNからの招待を受け入れたことを明らかにした。 。

バイデン氏は「@CNNから6月27日の討論会への招待を受け取り、受け入れた。先ほども言ったように、いつでもどこでも」とドナルド氏に投稿した。

一方、ドナルド・トランプ氏はFOXニュース・デジタルに対し、招待を受け入れ、「美しいアトランタに来るのを楽しみにしている」と語った。

バイデン氏はツイッター/Xへの投稿で、バイデン氏とトランプ氏の選挙陣営がABC主催で9月10日に第2回討論会を開催することで合意したと述べた。

「トランプ大統領は交通手段は自分で手配すると言う。 私も飛行機を持っていくつもりで、「あと4年間は保管するつもりだ」と彼は書いた。

それに負けじと、トランプ氏もTruth SocialでFOXニュースとの討論会が手配されたと主張した。

「この事実は、私がFOXニュースでの詐欺師ジョー・バイデンの議論を受け入れることを表していると認めてください。 開催日は10月2日(水)となります。 司会はブレット・ベイヤーとマーサ・マッカラム。 ありがとう、DJT!」

トランプ大統領がソーシャルメディアに投稿する前にフォックスが追加討論会を主催することに同意したかどうかは不明で、バイデン陣営が討論会追加の修正要求に応じる可能性は低く、特にその期間中に民主党の予備討論会を主催していないネットワークではそうである。 。 選挙。 2020年のセッション。

しかし、バイデン陣営の選対委員長ジェン・オマリー・ディロン氏は声明で前大統領の要請に応え、トランプ氏は「ルールに文句を言い、ルールを破り、ルールから立ち去るなど、討論会に興じてきた長い歴史がある」と指摘した。ルール。」 土壇場になって、あるいはまったく出席しなかった――彼は大統領に立候補した3回のサイクルでそれを繰り返した。」

「彼はいつでも、どこでも、どこでもバイデン大統領について討論すると述べた。 実際、彼はそれを何十回も言い、投稿しましたが、理解度や文法はさまざまでした。 バイデン大統領は2回の1対1討論会で自らの条件を明確にし、ドナルド・トランプ氏もその条件を受け入れた。 もうゲームはありません。 もう混乱はなく、議論をめぐる議論もありません。 「ドナルド・トランプ氏が来れば、6月27日にアトランタで会うことになるだろう」と彼女は語った。

3月9日、ジョージア州ローマのフォーラム・リバー・センターでの選挙集会に参加した共和党大統領候補で元米国大統領のドナルド・トランプ氏 (ロイター)

最初の討論会はどちらかの候補者が正式に党の大統領候補に指名される前に行われる予定で、共和党全国大会は7月に、民主党全国大会は8月に開催される。

第1回討論会を6月に開催するというバイデン氏の提案は、数十年にわたり本選挙大統領討論会を3回組織・主催してきた超党派の委員会を迂回し、同氏の陣営とバイデン陣営が直接交渉した条件に基づいて2回の討論会を開催することを支持している。 トランプさん。

討論委員会への手紙の中で、彼はそれを入手した 独立者オマリー・ディロン氏は、討論会は候補者と司会者の両方がいるテレビスタジオで行われるべきだと述べた。 それなし 1960年に当時の上院議員ジョン・F・ケネディと当時の副大統領リチャード・ニクソンの間で行われた最初の討論会と同じように。

「多大な費用をかけて大勢の観客を集めた大規模なショーを構築するという委員会のモデルは、必要性もなければ、良い議論の助けにもならない」と彼女は書いた。 「討論会はアメリカの有権者の利益のために実施されるべきであり、テレビや家庭で視聴されるべきであり、騒がしい支持者や寄付者が集まって貴重な討論時間を、騒々しい賛同や野次の場面で食いつぶす、直接の聴衆のための娯楽としてではない。 」 」。

同氏は、この決定は、候補者を割り当てられた発言時間内に留めるための規則を委員会が強制できなかったなど、過去数年の超党派グループの失敗に影響されたと付け加えた。

この失敗の結果は、「有権者が2020年に受けるべきであり、2024年に期待すべき秩序ある、情報が豊富なプロセスとは程遠いものだった」と彼女は述べた。

バイデン陣営はまた、2016年と2020年の共和党と民主党の予備討論会にも参加した2つの放送ネットワーク間で討論会を分割し、選択肢をCNN、ABCニュース、テレムンド、CBSニュースに限定し、司会者は主催ネットワークから選出することも提案した。 「一般社員です。」

討論会の司会者に対して繰り返し不満を述べてきたトランプ大統領は、この最後の点に異議を唱えると予想されている。

しかし、最近の選挙で郵便投票や期日前投票の普及が進んでいることを理由に、2020年の討論会の時期が遅いことにしばしば不満を抱いてきたトランプ大統領にとって、2つの討論会のタイミングは適切かもしれない。 先月、同氏の選挙キャンペーン上級顧問のスージー・ワイルズ氏とクリス・ラチビタ氏の2人は、今年の討論会の提案通りの時期は「受け入れられない」と述べた。

バイデン氏、医療保険討論会でトランプ大統領を「ピエロ」呼ばわり

「我々は大統領討論委員会の有無にかかわらず、これを実現することに全力で取り組んでいる」と彼らは述べた。 同氏はさらに、「われわれは討論会の主催を希望する米国のすべてのテレビネットワークに招待状を送り、ジョー・バイデン氏のチームに対し、できるだけ早く討論会の準備に協力するよう改めて呼びかける」と付け加えた。

オマリー・ディロン女史も書簡の中でトランプ大統領の批判に同調しているようで、タイムラインには「議論が始まることも含まれている…」と書いた。 アメリカ国民には期日前投票を行う機会があり、数千万人のアメリカ人がすでに投票するまで投票は終了しません。

「晩秋や選挙日に投票する人だけでなく、すべての有権者にとって有意義な議論をスケジュールするための委員会の失敗は、またしても委員会の時代遅れのアプローチによって課せられた深刻な制限を浮き彫りにしている」と彼女は付け加えた。

元大統領の考え方に詳しい関係者はこう語った。 独立者 トランプ氏がライブセッションでバイデン氏を上回るパフォーマンスができると心から信じているのは、第46代大統領が認知症を患っているという自身の繰り返しの主張を、トランプ氏が内面化しているからだ。

バイデンがそのような症状に苦しんでいるという証拠はない。 しかし同関係者によると、トランプ大統領は討論会が自分の後継者に疲れて老けた印象を与える機会になると考えているという。

READ  ウラジーミル・プーチン大統領、5回目の就任式で「祖国のために戦った」兵士たちに感謝 | 世界のニュース