Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バイデン氏、第二次世界大戦中に叔父が撃墜された後、人食い人種が叔父を食べたと示唆

バイデン氏、第二次世界大戦中に叔父が撃墜された後、人食い人種が叔父を食べたと示唆

ジョー・バイデンは、第二次世界大戦中に彼の飛行機が撃墜された後、叔父が人食い人種に食べられた可能性があるという驚くべき示唆をした。

水曜日、ペンシルベニア州を訪問中の大統領は記者団に対し、戦争中にニューギニア上空で偵察飛行を行っていた叔父のアンブローズ・G・フィネガン・ジュニア少尉に言及した。

バイデン氏はこの逸話を利用して、ドナルド・トランプ氏が大統領だった当時、戦死した軍人を「カモ」や「負け組」と呼んだという報道との類似点を探ろうとした。 しかし、彼は自分の家族歴に関する多くの詳細を誤解していたようです。

「アンブローズ・フィネガン、私たちは彼をボッシーおじさんと呼んでいた。彼の飛行機は撃墜され、空軍ができる前から空軍にいた。ニューギニア上空の偵察飛行で単発機を操縦していた」と彼は語った。彼の故郷スクラントンにある戦争記念碑。「そして、彼は他にそれができないから志願したのです。」

ジョー・バイデンは水曜日、ペンシルベニア州スクラントンを訪問中に戦争記念碑を訪れた (AFP(ゲッティイメージズ経由)

「彼の飛行機は当時ニューギニアの人食い人種が多かった地域で撃墜され、遺体は回収されなかったが、政府が現地に行って飛行機の一部を調べて発見した。」

米国政府の行方不明軍人登録簿 彼はフィネガンの死を敵対行為によるものとは考えておらず、人食い人種が要因であるとは示唆していない。

記録によると、フィネガンさんは1944年5月14日、陸軍航空隊の旅客機に乗客として乗っていたところ、「原因不明の理由で」ニューギニア北岸沖の太平洋に不時着させられ死亡した。

同庁はフィネガンのリストで「両方のエンジンが低空で故障し、機首が水面に激しく衝突した」と述べた。 「この事故では男性3名が水没した残骸から脱出できず行方不明となった。

アンブローズ・フィネガン・ジュニア中尉 – 別名「アンクル・プッシー」 – 第二次世界大戦でMIAだった (供給された

」[Finnegan] 戦後この地域から回収された遺骨とは無関係であり、彼らの消息は不明のままである。

1942年生まれで叔父の死の当時は幼いバイデン氏は記者団に対し、彼の家族には家族の墓前で聖母マリアの祈りを3回繰り返す伝統があると語った。 大統領の長男ボー氏は2015年に脳腫瘍で亡くなったが、大統領は息子のイラク派遣といわゆる「バーンピット」への曝露が関係していると考えていると述べた。

バイデン氏は、共和党の大統領候補候補であるトランプ氏について言及し、「そこに立っているときに考えていたのは、トランプ氏がパリの退役軍人記念碑に行くことを拒否し、彼らはカモで負け組だと言ったときのことだった」と続けた。

「この男は私の息子の最高司令官である資格はありません、叔父です。」

一部の元トランプ当局者は、当時の大統領が戦死した軍人を軽蔑する言葉を使い、2018年にはフランスにあるアメリカ人戦没者の墓地への旅行を望まなかったと主張した。 トランプ大統領は以前、「どんな動物がそんなことを言うだろうか?」とこの主張を否定した。

AP通信によると、ホワイトハウス報道官のアンドリュー・ベイツ氏はこの問題に関する声明を発表した際、政府機関の記録とバイデン氏の説明の不一致については言及しなかった。

ベイツ氏は「バイデン大統領は軍服を着て叔父に仕えることを誇りに思う」と述べ、フィネガン氏は「乗っていた軍用機がニューギニア付近を離陸後太平洋に墜落し、命を落とした」と付け加えた。

さらに、大統領は「戦争に送る人々に装備を与え、帰国時に彼らとその家族の世話をするという私たちの神聖な義務を擁護した叔父の話を強調した」と付け加えた。 そして、アメリカの退役軍人は「カモ」や「負け組」ではありません。

READ  ゼレンスキーは、穀物取引の数時間後のオデッサ港への攻撃について、ロシアの「野蛮主義」を批判している。 ウクライナ