Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バイデン-ハリス政権は宇宙ステーションの運用を2030年まで延長-宇宙ステーション

宇宙ステーションは、ドッキング前のロボットによるアプローチ中にSpaceX CargoDragonから表示されます。 クレジット:NASA TV

本日、NASAの管理者であるビルネルソンは、ヨーロッパの国際パートナー(ESA、ESA)と協力して、2030年まで国際宇宙ステーション(ISS)の運用を拡大するというバイデンハリス政権のコミットメントを発表しました。日本(JAXA、宇宙航空研究開発機構)、カナダ(カナダ宇宙庁、CSA)、ロシア(ロスコスモス州立宇宙機関)は、このユニークな周回実験室で行われている先駆的な研究をこの10年の残りを通して継続できるようにします。

国際宇宙ステーションは平和的な国際科学協力の標識であり、20年以上にわたり、人類の利益のために途方もない科学的、教育的、技術的発展をもたらしてきました。 バイデン・ハリス政権が2030年までステーションの運用を継続することを約束したことを嬉しく思います。「国際宇宙ステーションへの米国の継続的な参加は、革新と競争力を促進するだけでなく、 ISSプログラムの下で最初の女性と最初の有色人種を月に送ります。NASAのアルテミスは最初の人間を火星に送る道を開いています。 ますます多くの国が宇宙で活動しているので、米国が成長する国際同盟と宇宙の平和的で責任ある使用のための規則と基準のモデル化で世界をリードし続けることがこれまで以上に重要です。」

過去20年間、米国は地球の周りの軌道に人間の存在を継続的に維持し、技術をテストし、科学研究を実施し、かつてないほど探索するために必要なスキルを開発してきました。 ユニークな微小重力研究所は、世界中の4,200人を超える研究者からの3,000を超える研究論文をホストし、地球上の人々に利益をもたらすために、科学的、教育的、および技術的な進歩をもたらしています。 STEM活動に毎年150万人以上の学生が参加するなど、110近くの国と地域が駅での活動に参加しています。

国際宇宙ステーションに搭載された計器は、他の軌道で自由飛行する計器と組み合わせて使用​​され、干ばつストレスと森林の健康を測定して、さまざまな時間スケールでの炭素と気候の相互作用をよりよく理解できるようにします。 これらおよびその他の気候関連ツールを10年の終わりまで実行することで、気候サイクルについての理解が大幅に高まります。

2030年までの運用の延長は、さらに生産的な10年間の研究の進歩を継続し、2020年後半に低軌道の機能を1つ以上の商業的に所有および運営される目的地にスムーズに移行できるようにします。宇宙ステーションは一緒になって、継続的かつ持続的な人間の存在と能力を確保しました。 どちらもNASAの国際宇宙ステーション移行計画の重要な側面です。

READ  サウジ公共投資基金が任天堂の5%を買収