Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バドミントン:ケントとオコハラが日本を準決勝に導く

2度の世界チャンピオンである桃田賢斗と奥原希望が準々決勝で復活し、日本をそれぞれトーマス杯とユーバー決勝の準決勝に導きました。

桃田は長い干ばつの後、51分で世界4位の周天城を21-18、21-13で下し、日本に台湾との最初のポイントを与え、ついにトップ10の選手を破った。

しかし、台湾は2-3を落とす前に勇敢に抵抗した。

彼らは再び戦い、李陽、王子維、王子維がそれぞれタクルホッキ-小林優吾を21-14、21-15、仮名を22-20、21-17で破った。

古賀輝-渡邊雄太はLuChengYaoとYangBoHanに24-22、21-14で勝利し、西本拳太もLiao Juhuを21-13、21-11で倒す必要がありました。

26歳の桃田は、6回目の準決勝で日本を見て喜んだ。 彼らはトップシードとディフェンディングチャンピオンのインドネシアと中国の間の対決の勝者と対戦します。

「ようやく勝てて良かった。ずっと上手くプレーした」と、2014年にトロフィーを上げたチームのセカンドシングルゲームとしてプレーした桃田は語った。

2週間前にマニラで開催されたアジア選手権の第1ラウンドから引退を余儀なくされた2017年の世界チャンピオンの奥原は、日本の3-0での勝利でスーウェンチー15-21、21-13、21-9に対して勝利ポイントを獲得しましたユーバー杯準決勝で彼らを見たVII。

他のポイントは山口茜と福島由紀-廣田彩香から来ました。

「このトーナメントに向けて適切にトレーニングすることができませんでした。困難で、すべての試合が困難でしたが、フィールドにいる場合は、問題を忘れてチームでプレーするようにしています。」

「これからはもっと難しくなりますが、チームメイトと私は(試合に勝つために)挑戦し続けます。」

日本は明日韓国と対戦し、中国はタイと対戦します。

READ  坂本花織が北京オリンピックのパンチで全国タイトルを獲得