Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バルカン諸国の指導者は、欧州連合への加盟の加速を求めています

Taoiseach Micheál Martin は、アルバニアの首都ティラナで開催された EU と西バルカン諸国の首脳会議に出席している。指導者たちは、6 つの西バルカン諸国の EU 加盟プロセスを加速するよう求める一方で、ロシアと中国の影響力を制限しようとしている。領域。

西バルカン地域は、アルバニア、ボスニア、コソボ、北マケドニア、セルビア、モンテネグロで構成されています。

6カ国すべてが欧州連合への加盟を熱望していますが、そのプロセスは遅く、波乱に満ちています。

しかし、ロシアのウクライナ侵略は、ウクライナとロシアの他の近隣諸国に最終的な加盟についての見通しを与えることによって、より多くの国をヨーロッパの囲いに引き入れたいという願望を復活させた. 範囲。

西バルカン諸国の加盟は、1990 年代の流血からまだ立ち直りつつある地域を安定させる手段と見られているが、ロシアの影響力を弱める手段とも見られている。

セルビアは侵略を非難する国連決議を支持したが、政府はロシアとの友好関係を求め、制裁体制には参加しなかった。

具体的な措置として、指導者たちはデータ ローミング料金の廃止を求め、多くの場合違法に EU や英国に移住する若者の頭脳流出を抑える手助けをすることが期待されています。

1 月から 10 月までの EU への不規則な通過の数は 70% 増加し、西バルカン ルートが最も活発なままでした。

READ  1月6日のライブセッションスケジュール:シークレットサービスがトランスクリプトの消去を拒否したため、イヴァナの死後、トランプの証言は延期されました