Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バングラデシュでのeコマースへの参入に熱心な日本企業:使節

在バングラデシュ駐日大使の伊藤直樹氏は昨日、一部の日本企業がバングラデシュの電子商取引分野への参入を検討していると述べた。

「ここバングラデシュでeコマースビジネスに参入したり、eコマースを通じて製品を販売したりすることを検討している多くの日本企業を知っていました」と彼は言いました。

将来的には、バングラデシュの電子商取引プラットフォームを通じて一部の日本企業が登場すると彼は付け加えた。

彼は、バングラデシュ国際コンベンションセンターで開催された4日間の情報技術世界会議(WCIT)バングラデシュ2021で、「Eコマースとデジタルビジネス-未来をリードするブームセクター」に関するセッションで演説していました。

「私はバングラデシュの何人かの日本人ビジネスマンと話をし、潜在的な課題について尋ねました。

彼らは、タイムリーな配達が電子商取引の成功にとって重要であり、電子ロジスティクスの促進が非常に重要であるため、ロジスティクスを述べました。」

彼は、他の課題は不良品または偽造品であり、これらの商品はシステムに信頼を与えないため、市場から除外する必要があると述べました。

その他の課題は、安全なオンライン決済システム、規制の枠組み、協調的な取り組みです。

「バングラデシュが近い将来、eコマースセクターのより良い未来を見ることを本当に望んでいる」と彼は言った。

「モバイル決済サービス会社bkashの株式を購入するというソフトバンクの決定における重要な進展の1つは非常に成功している」と彼は述べた。

「ソフトバンクがbKashに資金を投入することを決定したという事実は、ソフトバンクのような中堅企業がbKashによる包括的なオペレーティングシステムを認めている」と彼は付け加えた。

「これはバングラデシュへの外部投資家にとって非常に重要なメッセージだと思います。ソフトバンクの投資の結果としてbKashが成功すれば、潜在的な投資家はバングラデシュのeコマース地区に来るでしょう。」

「これはバングラデシュにeコマースセクターをより成熟させる大きな機会を提供すると思います」と彼は言い、ソフトバンクの決定はセクターの将来の発展にとって象徴的な意味を持っていると付け加えました。

商工省の追加秘書であるハフィズ・ラーマン氏は、特別法の起草と規制当局の導入は、将来の電子商取引詐欺をかわすために重要であると述べた。

「電子商取引の不正に迅速かつ迅速に対処する機関を求めるべきだ。政府は将来、電子商取引を規制するためのイニシアチブをとることに取り組んでいると思う」と彼は述べた。

「私法の枠組みの問題があり、別の問題は単一の当局の導入です。多くの法律が混乱していることはわかっていますが、それらは電子商取引に問題を引き起こす可能性があります」とアブドゥル・ラーマンは言いました。

同氏は、「厳格な法律は、電子商取引の円滑な繁栄には役立たない。私たちの目標は、すべての事業体と企業が電子商取引に参加できるように、システムをシンプルかつ簡単に保つことである」と述べた。

彼は、詐欺や詐欺行為が継続しないように、法律と当局を活性化する必要があると付け加えました。

彼は、電子商取引に広く適用されるいくつかの法律(消費者権利保護法、デジタルセキュリティ法、刑法)があると述べました。

「私たちのビジネスに適用されるこれらの法律は、eコマースには十分ではないと思います。それらはeコマースエンティティに適用できます。」

しかし彼は、eコマースはオンラインシステム上で動作するため、ある程度の専門性があると述べた。

彼は続けて、これはバングラデシュでの電子商取引にとって最良ではないにしても良い時期であったと述べました。

「数日前はこれを言うことができませんでしたが、今は電子商取引でうまくいっています。公正にビジネスを行い、革新的なアイデアを使いたい人にとって、これは良い状況です」と追加の秘書は言いました。

「数日前に問題が発生し、eコマースでさまざまな種類のオンライン詐欺や不正行為が発生しました。規制の変更と一部の政府機関の積極的な介入により、あらゆる種類の不正行為を管理できるようになりました。」彼が追加した。

ラーマン氏は、不正な電子商取引エンティティを扱う顧客や商人は、支払いや製品を取り戻す際にいくつかの問題に直面していると述べました。

彼は、政府がこれらの問題を解決し、顧客や商人が彼らのお金を支払うことができる方法を見つけるために働いていると言いました。

「一部の地域では不確実性がありますが、お金の一部はすでに国外に出ているか、追跡できないため、顧客に戻すのは難しいでしょう」と彼は言いました。

「しかし、政府が管理している支払いゲートウェイシステムのお金は、支払いゲートウェイシステムに多額の資金が詰まっていることを知っているので、政府はそのお金を顧客に戻す方法に取り組んでいます」と彼は言います。追加した。 。

「政府はeコマースセクターを規制するためにいくつかの問題に取り組んでいます。私は個人的に、すべての活動を追跡するためのeコマースサイトの一意のビジネス識別番号である1つの問題に取り組んでいます」とAbdulRahman氏は述べています。

「1、2ヶ月でシステムを導入できるようになるだろう」と彼は付け加えた。

業界は現在、支払いのために手動エスクローシステムを運用しています。 政府は、配信メッセージが支払いゲートウェイに送信されるとすぐに電子商取引エンティティに送金できるように、デジタル化しようとしていると彼は語った。

READ  日本の投資スターが東芝の取締役会をめぐる論争にどのように関与したかロイター