Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バングラデシュは日本の労働力源の選択になり得る

専門家は、アジア太平洋地域の巨人に労働力を輸出することが最終的に実行可能な選択肢になると信じています

グループ・オブ・セブンは人口の急速な高齢化の中で外国人労働者の制限を緩和しようとしているため、全国に国際標準の訓練機関を設立することで、バングラデシュが日本の労働市場に浸透するのに役立つ可能性があります。

人材雇用訓練局(BMET)とバングラデシュ国際雇用機関協会(BAIRA)の情報筋は、これをダッカトリビューンに確認しました。

バングラデシュは1999年から2021年の間に合計2,232人の労働者を日本に輸出し、2012年には420人の労働者の中で最高のスコアを記録しました。

BMETの統計によると、総輸出額に占める日本市場の労働力輸出市場シェアは0.02%です。

人口減少が深刻化する中、日本が海外労働者にとって良い選択であると見なされるためには、日本が彼らを歓迎するための適切な構造を持っていることを伝える必要があります。国際交流センターはメディアに語った。

政府のデータによると、2019年の法律は5年間で約345,000人の熟練労働者を引き付けることになっていたが、Covid-19のパンデミックが国境を閉鎖する前に、収入は月に約3,000人で推移していた。


また読む-経済が再び開くにつれて、労働輸出市場は回復する


2020年後半の時点で、日本は総人口1億2,580万人のうち、労働人口の約2.5%にあたる172万人の外国人労働者を受け入れています。

BMETの追加のゼネラルマネージャーであるMirKhair Alamは、土曜日にDhaka Tribuneに、ベンガル人を日本語と文化で訓練することは、G7市場でより良い仕事を得るのに間違いなく役立つだろうと語った。

Khairul氏は、日本語学習を強調し、政府は国内に国際標準の訓練機関を設立する際に国際的なドナーの支援を求めていると述べた。

Dahmashi CorporationLimitedの初代会長でBairaのメンバーであるNomanChoudaryは、次のように述べています。と日本語と文化のHSC。 “。

Chaudhryは、一部の湾岸諸国の伝統的な市場の飽和を背景に、日本はバングラデシュにとって有利な市場であると述べた。

オプションとしてネパール

彼はさらに、流行がその実施を停止する前に、日本がネパールと様々な部門の労働者を雇う協定に署名したと言った。

2018年、日本政府は、深刻な人手不足に対処するために、リストにある唯一の南アジアの国であるネパールを含む9か国のグループから労働者を雇用することを決定しました。 計画によると、日本は5年間で14のセクターで推定345,150人の労働者を雇用することになっていた。

協定により、ネパール人労働者のみが介護部門で雇用されます。

Noman Choudaryは、過去25年間に、Dahmashi Limited Companyは、バングラデシュからサウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタール、オマーン、マレーシアで70,000人以上の労働者を雇用することができたと述べました。

同社は月に1万人の労働者を管理することができると、31年間そうしている労働輸出のベテランは言った。

バングラデシュ雇用者協会の高官はダッカトリビューンに、職業教育と技術教育を受けた若者は国内外でより良い就職の見通しを持ち、伝統的な教育を受けた若者は就職において激しい競争に直面するだろうと語った。

過去に、政府は全国の26の技術トレーニングセンターを通じて6か月の日本語トレーニングコースを開始しました。 これとは別に、多くの民間組織が日本語を教えるためのイニシアチブを取っています。


また読む-バングラデシュは労働力を輸出するためのマレーシアの承認を待っている


一方、バングラデシュは、2019年8月27日、様々な分野のバングラデシュの熟練労働者を日本に輸出するための協力に関する覚書に日本と署名した。

協定は、日本の法務省、外務省、厚生労働省、日本の国家計画庁、およびバングラデシュの駐在員福祉および外国雇用省の間で東京で署名されました。

MoUは、バングラデシュ駐在員福祉外務省長官Ronak Jahanと、日本法務省佐々木聡子法務省移民局長官がそれぞれの国を代表して署名した。

協定によると、今後5年間で、日本は介護福祉士、建物清掃管理、機械部品産業、電気、電子、建設、造船、自動車、農業を含む14のカテゴリーで熟練した専門家を採用する予定です。

日本は先月、移民に長い間閉鎖されていた国の大きな転換期に、特定のブルーカラーの仕事をしている外国人が2022会計年度から無期限に留まることを認めようとしていると日本の法務省の当局者は述べた。

多くの人が人種の均質性をもたらす日本では、移民は長い間タブーでしたが、人口の減少と高齢化に伴う深刻な労働力不足により、国境を開くよう圧力が高まっています。

READ  円安が続く中、日本は通貨安定の必要性を警告