Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バンコクポスト – 日本から「人を食べる」虫は出ていない:DDC

バンコクポスト – 日本から「人を食べる」虫は出ていない:DDC

疾病管理省(DTC)は土曜日、今年はタイで壊死性筋膜炎(急速に体内に広がり、死に至る可能性のあるまれな細菌感染症)の症例が検出されていないことを確認した。 日本でもタイでも。

土曜日、日本で「人食い」感染症の憂慮すべき症例が増加していることを受けて、DDCは、日本が正確な原因を調査している間に、新型コロナウイルス感染症封じ込め措置の緩和が要因の1つである可能性があると考える人もいると述べた。

DDC によると、新型コロナウイルス感染症の予防措置は、この細菌感染を防ぐのにも効果的です。 DTC によると、壊死性筋膜炎を引き起こす可能性のある細菌は 200 種類以上あり、この病気の最も一般的な原因は A 群連鎖球菌 (A 群連鎖球菌) です。

DDCによると、2019年から昨年末までに記録された壊死性筋膜炎の感染者数は10万6021人、死者は1048人だった。

タイにおける罹患率は昨年の人口10万人当たりの32.5人から27.35人に低下したが、症例数は通常毎年6月から7月にピークに達する、とDDCは述べた。

壊死性筋膜炎は病院での治療が必要な重篤な病気であり、医師が患者に壊死性筋膜炎の疑いがある場合、通常は抗生物質の投与と手術が第一線となります。

タイの疾病監視システムでは、2015年伝染病法に基づいて監視対象疾患に分類されている猩紅熱は、A群連鎖球菌感染の可能性を示す警告サインとして認識されているとDDCは述べた。

猩紅熱によって引き起こされる発疹は有害ではないが、A群連鎖球菌の指標であり、壊死性筋膜炎や中毒性ショック症候群などの浸潤性疾患に進行する可能性があり、治療せずに放置すると死に至る可能性があるとDTCは付け加えた。

東京都は先週、感染者数が昨年の半分以上(首都圏88人)、全国の感染者数は517人となったと発表した。

READ  日本はカンボジアを支援し、政府のワクチンを提供しています