Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バンコク・ポスト – 首相、日本のビジネス上の利益に激励

バンコク・ポスト – 首相、日本のビジネス上の利益に激励

スリーサ氏によると、大企業はバイオ燃料、グリーンパッケージング、人工知能、電気自動車に熱心だという

スリタ・タビシン首相は、来日中に日本の大手企業5社の最高経営責任者(CEO)と会談した後、木曜日に東京で記者会見に応じる。  (写真:タイ王国政府)

スリタ・タビシン首相は、来日中に日本の大手企業5社の最高経営責任者(CEO)と会談した後、木曜日に東京で記者会見に応じる。 (写真:タイ王国政府)

スリタ・タビシン首相は木曜日、多くの日本企業がタイでのバイオ燃料生産、環境に優しい包装、人工知能、電気自動車などの分野での生産拠点の拡大と投資に関心を持っていると述べた。

同氏は金曜日に終了する公式訪日の一環として東京で幹部らと会談した後にこの声明を発表した。

スリタ氏は、三井物産は特にクリーンエネルギー生産の分野でタイへの投資を拡大する意向を表明していると述べた。 同氏は、政府が国家エネルギー計画の近代化を加速するよう取り組んでおり、これによりタイへの投資に関心のある国際企業が容易になるだろうと同社に保証した。

三井物産は、タイにおけるバイオ燃料とクリーンエネルギーへの関心は、昨年12月のタイ政府の日本への投資促進キャンペーンに触発されたと述べたと伝えられている。

政府関係者らによると、首相はまた、エネルギー、ヘルスケア、グリーンパッケージングの検討について三井物産幹部らと話し合ったという。

一方、ソニーはスリタ氏に、コンピューターのハードドライブ用半導体レーザーや車両用イメージセンサーを製造するため、パトゥムターニーのバンカディ工業団地に第4工場を開設する計画について説明した。

ソニーはまた、人工知能技術やその他のハイテク製品への投資拡大を支援するタイの政策と能力に自信を表明した。

首相はまた、日本の最大の銀行でタイのアユタヤ銀行の大株主である三菱UFJ銀行や、テクノロジーに特化した投資会社ソフトバンクホールディングスの幹部とも会談した。

報道によると、両社は、より多くの日本の投資家が地政学的リスクのある国から地政学的中立性を示しているタイへ生産拠点を移転することを検討するよう、タイ政府や投資委員会と協力する意向を示したという。

一方、日本電産株式会社は、新しいAI対応製品を生産するためにタイへの投資を拡大する計画についてスレッタ氏に説明した。

スリタ氏は同社に対し、タイ政府が推進する重要な産業分野である電気自動車部品の生産へのさらなる投資も検討するよう求めた。

日本の香辛料メーカー味の素は、タイへの投資を拡大し、調味料の主原料として使用される高品質のキャッサバの開発を引き続き支援する意向を確認した。

READ  いよいよ日本株の潮目が変わりつつある