Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バーチャルSEUS-Japanミーティングは、強力な関係と成長の可能性に焦点を当てています

さらに、マツダトヨタマニュファクチャリングが強調したパンデミックの間、日本企業は南東部への投資を続けてきたと彼は付け加えた。 8億3000万ドルの追加投資 ハンツビルの合同組立工場で、 生産開始 9月中。

アイビー知事はその発言の中で、医療従事者向けの使い捨てニトリル手袋の米国で唯一の生産者であるSHOWAグループを称賛しました。 パンデミックの間、 昭和拡張プロジェクト フェイエットの施設では、生産量が2倍の1日200万個の手袋になり、現在、別の大規模な成長プロジェクトに取り組んでいます。

「これは、アラバマと世界がCOVID-19と戦うのを助けるために働いている日本の投資家の一例にすぎません」と彼女は言いました。

アイビー知事は、南東部の指導者は、何十年にもわたって築かれてきたこの地域と日本の間の強い結びつきを維持する必要があると述べた。

「将来を見据えて、米国南東部と日本の間の貿易協力の豊かな歴史をさらに発展させなければならない」と彼女は述べた。

「私たちは、私たちの偉大な地域と日本の間のこのパートナーシップを強化し、すべての市民に利益の完全な機会をもたらす方法を見つけるために前進し続けましょう。」

経済的影響

現在、アラバマには約80の日本企業があり、化学、鉄鋼、先端材料、栄養補助食品などの業界で事業を行っているほか、自動車業界に集中しています。

貿易データによると、2015年以来、アラバマへの日本の投資は合計44億ドルに上り、7,500人以上の雇用を生み出しています。 アラバマと日本の二国間貿易は2020年に合計20億ドル近くになりました。

「日本との関係は、国だけでなく地域社会にとっても強いものです」とアラバマ商務省長官のグレッグ・キャンフィールドは述べています。 「私たちは皆、SEUS Japanカンファレンスを利用して日本の投資家と交流しています。これは、カンファレンスが日本で開催される場合に特に役立ちます。これは、直接の関係を強化する貴重な機会を私たちに提供します。

「日本人の友達と直接会い、日本人の友達との絆を深めることができる時を、私たちは皆楽しみにしています。」

READ  パンデミックがサイクリングブームをもたらす中、シマノは収益の見方を高める