Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パソナ、軟骨伝導技術を強化

パソナ、軟骨伝導技術を強化

パソナは火曜日、難聴を持つ人々をサポートするためにイヤホンやその他のデバイスに使用される軟骨伝導技術を強化するために、2つの企業と協力すると発表した。

日本の人材サービス会社は、奈良県立医科大学や同製品を製造するCCHサウンドと協力し、同技術を搭載した新製品の開発・導入に向けた取り組みを強化する。

パソナはこの技術を、2025年大阪万博の出展で音声ガイドに使用される従業員用のヘッドホンやイヤホンに活用する予定だ。

耳の近くの軟骨を振動させて音を伝える軟骨伝導は、奈良県立医科大学学長の細江博氏によって発見されました。

外耳道をふさぐことなくクリアな音を聞くことができ、頭蓋骨を振動させる骨伝導技術と比べて音漏れが少ないとされています。

軟骨伝導技術を利用したイヤホンは、すでに一部の自治体や金融機関でサービス提供されている。

細井氏は記者団に対し、軟骨伝導ヘッドホンは外部の音を聞き取りやすくするため、聴覚に障害がない人にも役立つと語った。

「特に海外では軟骨伝導を知らない人が多いので、ショーで体験してほしい」と話す。

READ  テクノロジーの採用がどのように革命的な成長要因になり得るかを学びましょう。キープレーヤー-東海旅客鉄道会社CREALEVヘンドホバー。 産業情報技術