Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パナソニックがコネクテッドカー向けのサイバーセキュリティシステムを開発

パナソニックは、さまざまなサービスをオンラインで提供する車両が増える中、サイバー攻撃を防ぐために開発したセキュリティシステムを自動車メーカーに提供することを目指しています。

日本の電子機器グループは、新しいシステムは、障害を検出するためにコネクテッドカーにインストールされたソフトウェアを確認し、パナソニックの専任チームと自動車メーカーが24時間体制で車を監視すると述べた。

10月下旬、パナソニックはサイバー攻撃の例と、東京に設置されたコントロールセンターのモデルでサイバー攻撃を検出する方法を示しました。 大阪のデモカーがリモートパイロットに襲われるやいなや、ハンドルが180度回転し、東京で警告サイレンが鳴った。

「運転中にコンピューターを制御すると、致命的な事故につながる。実際には、欠陥を早期に発見する必要がある」と同社の関係者は述べ、同社のシステムはまさにそれを実行できると付け加えた。

チームは、情報の収集と車両のシステムの刷新に協力することが期待されています。 パナソニックによると、インストールされているソフトウェアは、外部からの攻撃を防ぐために、必要に応じてリモートで更新できるという。

同社によれば、監視センターは国内外の自動車を標準化された方法で管理できるようになるという。

調査会社富士経済グループ株式会社によると。 、コネクテッドカーの数は着実に増加し、2019年の34%から2035年に世界で販売された全乗用車の80%を占めると予想されています。

日本政府もサイバー攻撃対策の強化に取り組んでいます。 来年7月から販売されるワイヤレスアップグレードされた運転制御システムを搭載した車両は、国土交通省による審査を受ける必要があります。

同局によると、評価基準には、自動車メーカーがサイバーセキュリティ管理システムを保護し、それに応じてソフトウェアアップデートを提供しているかどうかが含まれます。

パナソニックの関係者は、同社はIT企業と協力し、「このシステムを業界標準にする」と語った。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本は9月の経済見通しを縮小し、回復のペースを「弱めた」