Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パナソニックは、テレビ制作を中国企業TCLにアウトソーシングする契約に近づいています

大坂-パナソニックは、ブランドが衰退している分野でコストを削減するという日本のエレクトロニクスグループによる最近の動きで、世界第3位のテレビメーカーである中国のライバルTCLにテレビ制作をアウトソーシングする準備をしていると日経は学んだ。

パナソニックは来月早々に合意に達することを目指して、双方は生産契約の範囲を交渉している。

パナソニックは、かつては国の電子産業の主要な競争分野であったテレビの放棄または小型化において、他の主要な日本のブランドを追跡しています。

パナソニックは、今後も主に日本市場向けにハイエンドテレビを製造していきますが、大阪を拠点とする同社は、国内外の生産拠点の統合や縮小を検討していきます。

テレビ制作は、インドとベトナムの工場で今年度終了します。 利益率の低いローエンドTVの開発も、コスト削減のために外注する。

パナソニックは2019年に、コストを削減する方法として、テレビセクターの他の企業との関係を確立しようとすると述べた。 パナソニックは、いくつかの主要なテレビメーカーを検討した後、中国企業の購入と生産における強みのために、TCLの見方を減らしました。

パナソニックはかつて世界のテレビ市場シェアを10%以上に伸ばしていましたが、低コストの中国の競合他社が出現したために負けました。

パナソニックはプラズマテレビから撤退し、後に米国と中国での生産を終了しました。 英国の調査会社Omdiaによると、同社は昨年、市場シェアの1.8%を獲得し、12位につけました。

テレビはパナソニックの総収入の10%未満を占めると推定されています。 国内市場の好調により、3月期は明らかに黒字化したが、テレビでの安定的かつ長期的な黒字化のチャンスは少ない。

日本の競合他社も同様の改革を行っています。 日立は2012年に国内生産を終了し、2018年にブランドテレビの販売を完全に停止した。同年、東芝はテレビ資産を中国のハイセンスグループに売却した。

一方、ソニーは、販売チャネルや商品範囲を縮小することで、テレビ事業を安定させてきました。

パナソニックは赤字事業を取り除いています。 同社は半導体事業を台湾のNuvotonTechnologyに売却し、LCDパネルと太陽電池の生産から撤退することを決定しました。

パナソニックの幹部は、「重大な損失を生む企業の構造改革を完了するための道を進んでいる」と語った。

READ  PS5のスナイパーゴーストウォリアー契約2が「予期しない技術的問題」のために遅れた•Eurogamer.net