Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パラリンピックの責任者、東京の「保護レベルに自信」

head 司祭 国際パラリンピック委員会 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の間、東京オリンピックを安全に開催できるかという懸念が高まっているため、東京オリンピックに出場する選手を保護するために講じられている予防措置に満足しているという。

撮影者:ラルフ・ココック/国際パラリンピック委員会

グループの代表であるアンドリュー・パーソンズ氏はインタビューで、「ゲームがウイルスの重大な拡散を引き起こす可能性があると考えた場合、ゲームを開催することはありません。 「保護レベルには自信があります。」

日本のワクチン接種のペースが遅いことと、数万人が混雑したオリンピック会場に到着する前に感染を制御するのに苦労していることが疑われているためです.これらはすべてパラリンピックに等しく適用されます. 最後の米国国務省 アメリカ人が日本に旅行しないようにという警告は、キャンセルの可能性についての憶測を強めています。 日本の世論調査では、日本人の大半がゲームに反対していることが一貫して示されています。 有力な朝日新聞だけでなく、ビジネスリーダーもメガイベントを呼びかけた もキャンセルされます。

8 月 24 日から始まるパラリンピックでは、バドミントンとテコンドーの 2 つの新しいカテゴリを含む 22 のスポーツが行われます。 オリンピックの場合、合計で約60,000人であるのに対し、約4,400人のアスリートと19,000人の労働者と報道陣がこのイベントのために東京に到着する予定です. しかし、菅義偉首相は金曜日、訪問者の数を減らそうとしていると述べた。 外部からの観客の入場は禁止されており、国内のファンが減少するかどうかは不明です。

ただし、これまでのところ、パーソンズ氏はゲームが続くという前提で取り組んでいます。 疫学的状況がパラリンピック選手に大きなリスクをもたらすかどうかについての質問に答えて、彼は、彼らが病原体に感染するより大きなリスクを示す研究や研究はないと述べた.

READ  「スウィングスリッパ発祥の地」:世界市場に足跡を残す西日本の都市