Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パラリンピック競技は、障害者のための日本の技術を強調しています

日曜日に東京でパラリンピックが終了したとき、日本の大企業の技術のおかげで、多くのアスリートがメダルを獲得してフィニッシュラインに到達しました。

たとえば、ホンダモーターの最新モデルのレーシング車椅子は、F1レーサーや同社のジェット機にも使用されているカーボンテクノロジーを採用しています。 フレームやホイールなどの主要コンポーネントにカーボンを使用した車両の重量はわずか7.9kg(17.4 lb)で、業界で最も軽量です。

日本語で「カケル」または「高さ」と名付けられた車椅子は、20年以上前に、多くの障害者を雇用している子会社であるホンダ太陽によって作成されました。

ホンダも、ステアリングエレメントを車のフレームに挿入するなど、より洗練されたシルエットを実現するなど、デザインにも配慮しました。

「このモデルは、見た目がかっこいいコンセプトで開発しました」と、ホンダのR&Dエキスパートで車の開発を主導した高戸淳二氏はインタビューで語った。 「特定のアスリートだけでなく、誰もがカケルに乗りたくなるのに十分です。」

カケルに乗るアスリートの一人はスイスのマヌエラシャイアです。 パラリンピックは女子400mと800mで金メダルを獲得し、他のイベントでは2つの銀メダルを獲得しました。 雨が降った1レースの後、彼女は自分の車の重要性についてコメントしました。

「雨の中で演奏するのに最適な素材を見つけるのは生涯にわたる苦労です」と彼女は言いました。 「そのグリップを取り戻すには何かを見つける必要があります。私はさまざまなことを試しましたが、良いものを見つけるのに大いに助けてくれたスポンサーのホンダのおかげで、最終的に最良の解決策を見つけたように感じました。」

高堂氏は、日本でパラリンピックを開催することは、パラリンピックの魅力を知る良い機会だったと語ったが、障害のある人が自分でパラリンピックを試すことができるようになることを願っている。

「技術は人々のためにある」と彼は言った。 「障がい者がテクノロジーで十分に生きていける世界ができることを願っています。」

パラリンピック選手向けの機器を製造している他の日本企業には、ランナー用のゴム底と車いすテニス用のタイヤを製造しているタイヤメーカーのブリヂストンがあります。 スポーツウェアメーカーのミズノと合成部品メーカーの今泉エンジニアリングが提携。 「カタナシグマ」を作成するために、短距離と走り幅跳びのランナーのために開発された手足。

一方、日本電信電話の「ジャパンウォークガイド」アプリは、市内の障害者のアクセシビリティに関する最新かつ詳細な情報を提供することで、車椅子ユーザーがゲーム会場にアクセスするのを支援しました。

「アクセスへの不安を和らげることが目的でした」とNTTでガイドの作成を手伝った市川裕介氏は語った。 「また、特定のルートが選択された理由と、使用される可能性のある施設に関する情報も提供します。」

これらのテクノロジーはアスリートが世界最高レベルで活躍するのに役立っていますが、日本の企業は、障害を持つ人々を労働力に統合することに関して、他の多くの企業に遅れをとっています。 ブルームバーグの計算によると、日本で就職している労働年齢の障害者の割合は、米国では30%であるのに対し、約19%です。

社会福祉を専門とする法政大学の佐野隆平教授は、企業は包括性の観点からもっと多くのことをする必要があると述べた。

「障害者の視点をあらゆる形態の企業活動に導入することが重要です」と彼は言いました。 これらの取り組みを強化することで、「これらの取り組みが新しいアイデアやイノベーションにつながると信じる企業が増えることを願っています」。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  Miitopiaの新しいMii作成ツールは恐ろしく強力です