Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パリでは『男はつらいよ』で「寅さん」が受け入れられ、日本映画はアートハウスの観客を超えてフランスでもファンを獲得している

パリでは『男はつらいよ』で「寅さん」が受け入れられ、日本映画はアートハウスの観客を超えてフランスでもファンを獲得している

3月、パリの映画ファンが日本文化会館に集まり、祖国で数十年にわたる恋に破れた露天商を描いた日本映画シリーズの最新作を観た。

280席の会場は満員となり、最後には熱烈な拍手が送られ、観客からは50作を経て『男はつらいよ』シリーズがついに終わってしまったことを惜しむ声が多く聞かれた。

全体として、日本で最も人気のある映画シリーズの一つであるこの上映には、2 年以上にわたって 10,000 人以上の映画観客が文化会館に集まりました。これは、フランスの日本映画に対する関心が長い間制限されてきたことを示す最も明白な証拠の一部です。 アートハウスのクラシックにまで成長し、現在はより主流のリリースを含むように拡張されています。

英語でのタイトル 男であることは難しいこのシリーズは日本では1969年から1995年まで48部にわたって放映され、渥美清が毎話の終わりにはいつも悲痛な思いをする寅さんを演じた。

パリ日本文化会館にある寅さんの巨大ポスター。 写真:パリ日本文化の家 / ショシクカンパニー

古き良き東京の精神を呼び起こす com.下町 1950 年代から 1960 年代の昭和戦後期の素朴な時代のダウンタウンと家族の生活を描いたこのシリーズは、日本で象徴的な地位を築いています。

第3話と第4話以外はすべて山田裕二監督が監督を務めた。 さらに 2 つのバージョンがそれぞれ 1997 年と 2019 年にリリースされました。 渥美との最後1996年に亡くなった彼は、シリーズで寅さんとして過去に演じた映像を使用してフラッシュバックで登場します。
映画『男はつらいよ』の寅さんを演じる渥美さんのスチール写真。 写真提供:松知工カンパニー

2021年11月に始まったパリでのショーは当初、範囲が限定され、約1年間続く予定だった。

しかし、観客が優しく元気な主人公の寅さんに夢中になったことで延長され、シリーズ全体が日本国外で上映されるのは初めてとなった。

「フランス人は、『家族を大事にする』という寅さんの価値観を非常に保守的で型破りなものだと考えています」と文化庁の映画部門責任者を長く務めたファブリス・アルドイーニは言う。さんの放浪人生への愛情や、いつも悲しい心などがよく表れています。

アルドゥイーニ監督は、もっと早く寅さんの映画を上映したかったが、当初はより芸術的な映画を日本映画にのみ求めていたファンの抵抗に遭ったと語る。

フランス人はアメリカ映画を見るのと同じように日本映画を見ることに慣れている

パスカル・アレックス・ヴァンサン、フランスの映画監督、作家、日本映画教師

しかし、圧倒的に肯定的な反応は、「視聴者の人口統計と好みが変化していることを裏付けました。

寅さんを見て日本に行きたいと言う人も多いです。 彼はそれを展示したいと考えています 無料で簡単 (釣りバカネッシー)、栗山富夫監督の大ヒットコメディシリーズなど、人気の映画タイトルが揃っています。

このほか、パリの映画文化団体シネマテーク・フランセーズは、1830年代から1840年代の江戸時代の盲目のマッサージ師と巡回剣士を描いた「座頭市」シリーズで最もよく知られる三隅研次監督の特別番組を上映した。

メスミさんの作品はフランスの日刊紙ルモンドなどで大きく取り上げられている。

男はつらいよの映画では、寅さんはいつも最後には悲しくなります。 写真提供:松知工カンパニー
日本映画は公共の映画館でも好評です。 悪は存在しない監督は2023年ベネチア国際映画祭銀獅子賞受賞の浜口亮輔。 小さくて遅いが安定している 三宅唱、石川慶 これは、フランスの視聴者に好評を博した日本人監督による一連の新しいコマーシャルのひとつです。

パリ在住の映画ジャーナリスト、田中優子氏は「かつて日本映画を多く配給していた会社は、シネフィル(映画愛好家)向けのアートフィルムを扱っていたが、最近は商業映画の配給も増えている」と指摘する。彼らはとても人気があります。」 日本のファンや一般視聴者の間では。

近年では、以下のような映画が、 16 分の 1彼女は、実在の写真家、浅田政志に基づいた、二宮和也主演の伝記ドラマは商業的に成功したと付け加えた。
映画『男はつらいよ』の寅さんを演じる渥美さんのスチール写真。 写真提供:松知工カンパニー
ソルボンヌ・ヌーベル大学で日本映画を教えているフランス人監督で作家のパスカル=アレックス・ヴァンサン氏は、高く評価されたこの日本人監督について最近出版した本の売れ行きが好調で、講義に出席する生徒の数が急増している。 小津安二郎

「日本映画の人気は明らかです」と彼は言い、漫画や食べ物など日本文化がフランス社会に浸透していることも魅力の理由だと付け加えた。

「フランス人はアメリカ映画と同じように日本映画を鑑賞することに慣れています。これは日本映画の質の高さの証拠です。」とヴィンセントは言います。

READ  アナベルのプライベートメンバーズクラブが新しい​​レストラン、日本料理をオープンしました