Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パレタイズロボットとそのコントロールシステム

パレタイジングとは、ダンボール箱や包装物などの対象物(主に製品)をパレットなどに決められた配置で積み込むことを意味します。つまり積載、積み込みです。逆に物品を積み上げた場所から降ろすことをデパレタイズと言います。どちらも大事な過程です。

現在、多くの工場で、パレタイジングが自動化されています。これを支えるのがパレタイズロボットです。ロボットによるパレタイジング技術は日々進化しています。生産性や収益性を向上させるとともに、ラインの長時間稼働を可能にする堅牢性を備えています。

パレタイズロボットを導入するとなると、それを背後で管理するシステムも欠かせません。これが、ラインにとっての頭脳となります。ロボットコントロールシステムが優れているほど、ティーチング(アルゴリズムにあたる設定)に多くの時間を費やす必要はありません。すぐに導入し、対象物のパレタイズ(とデパレタイズ)ができるようになります。

パレタイズロボットは特に「オーダーフルフィルメント─製品の在庫管理や配送」の分野で大きな意味を持ちます。大手ECサイトの裏で高性能パレタイズロボットが活躍しています。マテリアルハンドリングの世界に革命をもたらす存在です。

パレタイズと一口に言っても、「レイヤ・フォーミング」と「インライン・パレタイジング」「ミックス・ケース・パレタイジング」などがあります。どれを選ぶかは、現場で求められる作業や扱うものの種類によります。それぞれに特有のメリットがあり、生産性、柔軟性、信頼性を向上させることで、オペレーションを本当の意味で改善することができます。

パレタイジングシステムの効率性は、主に達成可能なスループット(1時間あたりの積載ケース数)、システムの可用性、必要なフロアスペース、生産ライン全体の稼働率によって決まります。特に飲料業界のような高い処理能力が要求される状況では、ロボットがインラインパレタイジングの新しい「当たり前」となっています。

READ  日本で発見された新しいアヒル製の恐竜