Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パンデミックがサイクリングブームをもたらす中、シマノは収益の見方を高める

日本の坂井-自転車機器メーカーのシマノは、米国とヨーロッパのサイクリング愛好家が売上高の伸びを牽引しているため、2021年の配当と配当予測を引き上げました。

日本企業は火曜日、グループの純利益は、以前の25%増の796億円に対し、48%増の937億円(8億5500万ドル)になると見込んでいると語った。

パンデミックの最中に航空会社や鉄道会社が事業を失った一方で、ペダル式輸送用の車輪、ブレーキ、その他の世界的に認められた機器のメーカーは追い風を巻き起こしました。

「世界の自転車市場は、パンデミックの影響により、2019年以来40%から50%拡大しました」と島野泰三社長は語った。

「すべての価格帯でスペアパーツの注文が増えているため、生産量を増やしています」と彼は語った。

同社は現在、2021年の売上高が32%増の5,000億円と、以前の予想を445億円上回ると見込んでいる。 自転車部品は36%増の4,050億円を見込んでいます。

創業家の相続人である島野社長は、「北米市場の一部で勢いが衰えているが、2022年までは力強い状態が続くだろう」と語った。

もう一つの主要セグメントである漁具も、新たなアウトドア事業を始める人が増えることで、18%増の945億円になると見込まれています。

同社の推定年間収益は、予想を80円上回る235円に引き上げた。 昨年の配当金は200円を含めて355円でした。

同日発表した2021年6月期の売上高は2,646億円、純利益は560億円で、前年同期比65%増、79%増となった。

READ  日本電産のホンハイが合弁事業を計画