Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パースのアーティストが日本のクリエーターとコラボレーションし、新しい展覧会を開催

WASPS Perth Creative Exchange の新しい展示会である Confluence of North は、災害時の演習であり、人間のつながりの力へのオマージュです。

6 月 8 日から 26 日まで WASPS スタジオで開催されるこの展覧会は、スコットランドと日本のアーティスト間の 1 年間の文化交流の成果を紹介します。

しかし、パンデミックのおかげで、8人の参加者のいずれも、彼らが「貿易」していた国に足を踏み入れませんでした.

代わりに、Confluence of North は完全に Zoom で作成されました。 世界的な大災害を背景に、4組のアーティストは、小さな災害を切り抜けながら、創作とコラボレーションを行いました。

確かに、言​​語の壁、時間帯の交渉、技術的な問題、郵便の遅延の間で、ギャラリーの存在自体が成果です。

スコットランドを代表するアーティスト、スー・グリアソンは次のように述べています。

「この Zoom の世界は、これまでできなかったことを可能にしてくれます。」

テイサイドから東北へ

それはロックダウン中に起こったが、プロジェクトの種は、パンデミックのずっと前に、別の世界的な悲劇である 2011 年の福島原発事故の最中に植えられた。

パースシャーの居住者 スーは2013年に日本の福島を訪問しました彼女は、18,000 人が死亡した東北地方太平洋沖地震と原子力災害からの難民を支援しました。

同時に、日本のアーティスト、丸山芳子は東北地方でスピリット オブ ザ ノース プロジェクトを開始しました。

スーさんは「吉子の目標は、福島後の文化と芸術を刷新することでした。

展覧会では、丸山嘉子の空中風景画のひとつ、帰郷する惑星が特集されました。

「あの地域からの難民を見るのは絶望的でした。彼らは、すべてを奪った土地に戻って、再びつながることをどれほど切望しているのでしょう。

「これが、これほど遠く離れた日本のこの地域で人々がその関係を回復するための出発点だったと思います。

「そして、彼女は他の北部地域に住む人々とコミュニケーションをとっていました。」

ノーザン・ソウルズ

パートナーシップの精神を体現するコンフルエンスは、2 つの川が交わる場所です。 スー氏によると、ノース コンフルエンスの目的は、2 つの非常に異なる文化が「北部とは何か」という問題を探求することだった、とスー氏は言います。

一部のアーティストにとって、焦点は土地、地形、または家の感覚にありました。 スーにとって、それはスコットランドの偉大な伝統において、天候の問題でした。

彼女は、洪水の絶え間なく変化する性質を探る一連の短編映画「The Water Level」を制作しました。

アーティスト Su Grierson と彼女の作品 Water Level。 写真: スティーブ マクドゥーガル/DCT メディア。

「私は農場に住んでいて、毎朝、立って窓の外を見て、天気がどうなっているかを確認していました」と彼女は言います。

「それは私の人生のとても重要な部分でした。しかし、それはただ、「ああ、なんてこと、私たちはもっと洪水になるでしょう」または「彼らは大麦を植えたばかりで、今は雨が降っている」.

気候の影響という観点からは、あまり考えていませんでした。 私はいつも彼を本当に個人的な方法で見てきた.

「これにより、より広い文脈でそれを見ることができました。」

しかし、スーは、「北」のアイデアではなく、プロジェクトの中心はアーティスト間で発展した関係から来ていると考えています。

友情は…菌のように育つ

特に強力なパートナーシップの 1 つは、アーティスト Five とのパートナーシップです。 ジリアン・マクファーランド そして、ソウル・オブ・ザ・ノース・プロジェクトの滝沢達史。 夫婦は年間を通じていくつかの共同作品を制作しましたが、どちらも相手の話し言葉をマスターしていませんでした。

Google 翻訳を使用して写真やレシピを共有し、奇妙な (そして食べられる) きくらげなど、会話のタイムラインを示すものでいっぱいのテーブルを作成しました。

スーはこう説明します。「彼は、雲の耳と呼ばれるこの乾燥した菌を送りました。彼女は「雲の耳」という名前のアイデアを気に入っており、「木の耳」と呼ばれる別の名前があると思っていました。

ジリアンは、パルメリーノの自宅近くのビーチで見つけた流木の椅子も作った.タツシのプロジェクトからインスピレーションを得て、彼が作った椅子と毛布を使って山頂に登るというプロジェクトから着想を得た.

滝沢達史の椅子とジリアン・マクファーランドの反応の良い流木、室内。

8 人のアーティストに加えて、ギャラリーはデジタルの性質を利用して、遠隔地のスコットランドのアーティストによる一連の事前録音された会話を含めるように拡大しました。 ポール・ブルマーそしてその パトリシアが輝いた そしてその メアリー・モリソン、残りの作品とともにオンラインで表示されます。

訪問者は、地元のキューバ人アーティストによるコミュニティ プロジェクトも見ることができます。 ジュニア・ペルドモ. 彼の著書『ポラリス』は、パースの移民 1 世に、新しい「北部」の故郷で文化的感覚をどのように維持するかを尋ねています。

「北は静的な概念ではありません」とスー氏は言います。 「あなたは常にどこかで北にあり、常に北以外のどこかで南にいます。それらは相対的なものです。

「このプロジェクトはつながりについてのものになりました。アーティストだけでなく、人もそのようなつながりを作ることができます。」

展示会を直接またはオンラインで見る方法については、次の Web サイトにアクセスしてください。 パース クリエイティブ エクスチェンジの Web サイト。

関連記事:

READ  日本のグルメおにぎりレストラン、オニギリーがウォルナットクリークにやってくる