Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヒラリー・クリントン氏は、ジョー・バイデン氏の年齢は「正当な問題」であると述べた。

ヒラリー・クリントン氏は、ジョー・バイデン氏の年齢は「正当な問題」であると述べた。

共和党候補の可能性があるドナルド・トランプ氏に対する選挙戦を計画している民主党戦略家らにとって、バイデン氏の年齢に関する疑問は懸念を強めている。

NATOのトランプ事務総長は日曜、ロシアに対し、国防費目標を達成できないNATO加盟国を標的にするよう「奨励」すべきだと示唆したことを受け、トランプ大統領を批判した。

ABCニュースとイプソスの最近の世論調査によると、アメリカ人の86%が、バイデン氏はホワイトハウスで2期目を務めるには高齢すぎると考えている。 これには民主党有権者の73パーセントが含まれていた。

バイデン氏の同盟者らは報告書の記述が不適切かつ不公平だと非難した。

同氏の個人弁護士は日曜日、大統領の記憶に対する不必要な中傷であると同氏が述べたことについて、特別検察官と検察官に懸念を表明したと述べた。

ボブ・バウアー氏は日曜日、CBSの「フェイス・ザ・ネイション」で「これは常軌を逸した報道だ」と語った。 「それは粗末な加工品です。」

ジル・バイデン大統領夫人は、選挙資金提供者に宛てたメモの中で夫を擁護し、「政治的得点を稼ぐ」意図があるのではないかと疑問を呈した。

クリントン氏はまた、バイデン氏の「功績」を理由に、2期目の大統領選に向けたバイデン氏の選挙運動を支持すると述べた。

「それを言ったら、この選挙で何が争点になっているのかについても話さなければならない」とクリントン氏は語った。 「そして、私がジョー・バイデンと一緒にいるのは、メリットがあるからです。」

「彼は大統領として本当に良い仕事をしたと思います」と彼女は付け加えた。

READ  フォンデアライエン氏、ウクライナへの融資継続を約束