Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビザ違反者が日本を訴えるのに何年もかかりました

日本で難民の地位を求めている2人の長期拘留された外国人は、約3000万円(259,300ドル)の補償を求めて連邦政府に対して人権訴訟を起こす予定です。

イランの原告ハイダーサファリディマン(53)とトルコのデニス(42)は、彼の名のみを使用するように求められました。

訴訟によると、ハイダーは1991年に母国から日本に逃亡した。 デニスは2007年に同じことをしました。

どちらも難民認定を申請しましたが、申請は却下されました。

両方とも国外追放のために任命され、10年以上繰り返し拘留され、一時的な釈放の地位を与えられました。

総拘禁期間は4年から5年でした。

裁判所によると、彼らの精神状態はストレスのために悪化した。

彼らは、刑期がどれくらいになるかを知らされることなく拘留されたため、心的外傷を負いました。

「(彼らの管理下にある)合理性も必要もないことは明らかだ」と裁判所は述べた。

彼らの事件が報告された後、2020年に国連人権委員会(UNCHR)の下での恣意的拘禁に関する国連作業部会は、一時的な釈放後に彼らを再拘留し、「不必要かつ恣意的」であると指摘した。

タスクフォースは、拘禁期限と拘禁決定の司法審査が不足していることを理由に、日本政府に出入国管理法の再検討と2人への補償の授与を求める覚書を送付した。

抽象化には法的拘束力はありません。

ワーキンググループが日本の移民禁止が国際人権条約に違反していると結論付けたのはこれが初めてです。

2021年、日本入国管理局はこの件について意見を発表し、両方を拘留することが適切であり、個人的な事情と一時的な釈放の条件の順守などの行動に基づいて決定が下されたと述べた。

当局はまた、彼らが司法審査と救済の機会を提供されたと述べた。

タスクフォースの要約によると、同社は「日本の入国管理システムを適切に理解していなかった」とのことです。

「これは明らかに事実の誤りに基づいており、国内外で誤解を生んでいる」と同社は述べ、タスクフォースに対する抗議を登録したことを明らかにした。

現在一時釈放中のデニス氏は、「日本に逃げ込んで生きたが、拘束されたときは死にたいと思った。日本が国連の規則に従わないという意味ではない」と語った。

ハイダー氏は、「入国管理局に外国人を人間のように扱い始めてほしい」と語った。

READ  新日本とスターダムが歴史的なクロスオーバー ショーの文字通りの名前を提供