Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビジネスに精通した新参者は、店を訪れる島民に味の世界をもたらします

食べ物や料理を通して世界を探検しようとしている島民は、これほど良いものを持ったことはありません。

国際的な商品を扱う食料品店が主に島全体に出現し、多くのPEI住民にさまざまな文化への窓を提供し、郡の多様な移民コミュニティがより身近に感じられるようにしています。

グレーターシャーロットタウンエリア商工会議所でPEIコネクタプログラムを指揮するニコールベルフルールは言います。

PEIコネクタは、移民が経営する企業が島全体の起業家やコミュニティとつながるのに役立ちます。

Bellefleur氏は、多くの新しい店舗が1つの共通点を共有するのに役立っていると述べました。それは、提供する製品に対する地元の需要が高まっていることを特定できたことです。

「島に来るために採用された多くの新参者は、非常に起業家精神を持っています」と彼女は言いました。 「彼らがここに引っ越したとき、彼らは彼ら自身の文化的コミュニティの人々が要求する地方レベルでのアイテムの入手可能性にギャップがあることに気づきました。そして、彼らはそのギャップを埋めるために前に出ました。」

過去2年間にオープンしたいくつかの店舗と、それらが販売しているものと運営者を見てみましょう。

スパイスショップ

ラミラ・アグラワルは、自分の店のためにもっと大きな場所を探していると言います。 (Ramila Agrawal提供)

2017年後半にオープンしたスパイスストアは、現在シャーロットタウンコミュニティで定着しています。 この店では、生鮮および冷凍のインド料理、食料品、スパイスを販売しています。

2016年にドバイから家族と一緒に来たオーナーのラミラ・アグラワルは、次のように述べています。

「味はインド全体ですべて異なります。そのため、私たちはインドのあらゆる地域に対応するよう努めています。」

アグラワル氏によると、この店は現在、顧客が必要とするすべてのものが「1つの屋根の下」にあるように、より広いスペースに移動することを検討しているという。

彼女は、この店は最初は主にインドのコミュニティにアピールしていましたが、その後、料理の視野を広げようとしている島民の間で人気が高まっていると述べました。

「私たちはインドのあらゆる地域のニーズに応えようとしています」とラミラ・アグラワルは言います。 (Ramila Agrawal提供)

「今日、私たちは誰にでも、そして誰にでも私たちのサービスを提供していると言ってうれしい」と彼女は言った。 「島では、インド料理とそれを家庭で調理する方法を理解する必要性と欲求が大幅に高まっています。」

アグラワル氏によると、彼女のスタッフは、レシピについて質問がある場合や、適切な材料を見つけるのに助けが必要な場合がある顧客を支援するために待機しています。

彼女は、冷凍のすぐに食べられる食事は、特に他の食事を準備する時間がないかもしれない学生や働く家族の間で非常に人気があると言いました。

スミコマート

「私たちはまだ小さな子供のようにとても新しいです」とオーナーのデイジー・チャンは言います。 (デイジーチャン提供)

スミッコマートは、スナック、食料品、飲み物、文房具などの日本製品を専門としています。 また、日本食や香港料理など、注文を受けてから新鮮な食材を販売しています。

デイジーチャンと彼女の家族は、ほぼ2年前に香港から島に引っ越しました。 彼女は1歳強です。

彼女は、自分の店の後ろにいる一種の「一人のチーム」であり、掃除から料理、カスタマーサービスまですべてを行っていると言いました。

しかし、チャンは、彼女の最も重要な仕事は、島民に彼らの製品について教育するためにそこにいることであると言いました。

スミッコマートは、スナック、食料品、飲み物、文房具などの日本製品を専門としています。 (デイジーチャン提供)

「日本語なので使い方がわからない人も多いですし、知らない人も多いです。 [know much] 日本料理について。

「私はたくさんの教えをしています…私たちの店で購入できる製品を使ってさまざまな日本料理を調理する方法、製品とは何か、そしてそれを使用する方法。」

彼女は、島民が自分の仕事にもっと気付くように、自分の店のソーシャルメディアでの存在感を高めようとしていると述べました。

「小さな子供のように、私たちはまだ非常に新しいです」と彼女は言いました。 「島が私たちが誰であり、私たちがここで何をしているのかを知ることができるように、私たちはまだ学び成長するためにもっと多くのことをする必要があると信じています。」

おにぎり、大福、たこ焼きなどの新鮮な食材が人気です。

アジアの食料ストック

Asia Food Stockは、ベトナム、フィリピン、中国の製品を販売しています。 (Tuan Fan提供)

このサマーサイドストアは、主にベトナム、フィリピン、中国の商品を販売していますが、日本と韓国の商品もいくつかあります。

ベトナム出身のオーナー、トゥアン・ヴァン氏は、約1年前に開店する前に、この地域にアジアの店舗が2つあったと語ったが、最終的には閉店した。

「私が事業を始める前に、サマーサイドに拠点を置く人々と、オリアリーのティニッシュに拠点を置く人々は、アジア料理を買うためにシャーロットタウンに来なければなりませんでした。」

ファンによると、この店では乾物、豆腐、点心、アジアンソーセージなど1,000点以上の商品を販売しているという。

Asian Food Stockにはオンラインストアフロントもあり、島の多くの地域に配送しています。

こんにちはマート

HighMartは、ブラジル、コロンビア、メキシコ、アルゼンチンなどのラテンアメリカ諸国からのさまざまな食品のほか、フィリピン、アフリカ、インド、パキスタンからの商品を販売しています。

Khaled Mahmoud Shemaは、シャーロットタウンのダウンタウンに小さな店を設立するために2019年に島に引っ越しました。 プリンスエドワード島に来る前、彼は世界中で働いていました。

「私はもともとパキスタン出身です」とシェマは言いました。 「私はマドリッドで17年間働き、マドラゾにショップを持っていました。ドミニカ共和国、プンタカナ、23歳で働いていました。メキシコでも [and] コロンビアから輸入した」と語った。

経験豊富なセールスマンである志摩は、店舗を清潔に整理し、優れた顧客サービスを提供するという3つの主要な原則を中心に展開するビジネスプランを考案しました。

「一部の企業は同じ製品を販売しているが、規制が不十分であるか、洗浄システムがない」と彼は述べた。 「製品の品質は同じではなく、価格も同じではありません。」

チーマ氏によると、彼の店は季節労働者や島中の他の小さなコミュニティ、特にフィリピン人コミュニティに人気があります。

彼は、彼らが提供する製品のいくつかは島で見つけるのが難しいと言いました。

「私たちの店の前に、これらの人々はモントリオールとオンタリオからそれらの商品を購入していました、そして彼らはそれを彼らの家に届けさせるためにたくさんのお金を払っていました。」

READ  日本の読者はパンデミックの最中にマルクスを見ている