Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビジネスグループ:中国の技術自立計画は成長を阻害する

中国の外国企業グループは、中国産業の管理を強化し、外国の技術の使用を減らすための与党共産党のキャンペーンがその経済成長に影響を与えていると述べた。

木曜日に、外国のビジネスグループは、中国の産業に対する統制を強化し、外国の技術の使用を減らすための与党共産党のキャンペーンが経済成長を抑制していると警告した。

中国の欧州連合商工会議所は、北京に進路を逆転させ、国営市場をより広く開放するよう訴えました。

彼女の報告は、長期的な経済成長が低下し、労働力が高齢化および縮小しているときの北京の戦略のコストについての警告を追加しています。 党の計画は、それが彼らの貿易義務に違反していると不平を言うワシントンと他の政府との関係を緊張させています。

「実際、彼らは経済的統制と率直に言って政治的統制のために一定の成長の可能性を犠牲にすることをいとわないことがわかる」と商工会議所のイェルク・ウェトケ大統領は記者団に語った。

ワトケによれば、EU​​商工会議所は、完全な市場スタイルの改革により、中国の1人当たりの経済生産高は25年間で3.5倍に増加する可能性があると推定しています。 しかし彼は、北京が自立計画を実施した場合にのみ生産が倍増する可能性があると述べた。

「中国はその重量よりも少ない打撃を与えるリスクがある」とウッケは言った。

商工会議所は、中国の生産性は米国、日本、ドイツの30%に過ぎないとの国際通貨基金の見積もりを引用しました。

報告書の中で、商工会議所は北京に、電気通信、金融、その他の国営産業を民間および外国の競争相手にもっと広く開放するよう訴えた。 規制当局にサイバーセキュリティ、個人データ、その他のルールの大規模な雪崩を明確にし、それらが必要な場合にのみ適用されるようにすることを含め、930件の勧告を行いました。

報告書は、中国は「世界経済にさらに統合し、「自給自足」から脱却すべきである」と述べた。

国際通貨基金と民間経済学者は、中国経済がコロナウイルスのパンデミックから回復するにつれて、今年は最大8.5%成長すると予想しています。 しかし、人口の高齢化により社会福祉への支出が増える2025年以降、成長率は5%未満に低下すると予想されています。

商工会議所は、中国の生産性は米国、日本、ドイツの30%に過ぎないとの国際通貨基金の見積もりを引用しました。

約1,700社を代表する商工会議所はまた、より多くの外国人ビジネスマンや他の訪問者を受け入れるよう北京に訴えた。 2020年初頭にコロナウイルスのために北京が旅行を中断したときに経済的に不可欠であると見なされて海外で逮捕された従業員の一部は帰国を許可されたが、他の従業員は彼らのビザが拒否されたと言う。

中国の在中国米国商工会議所のメンバーは、9月10日に発表された調査で、北京に通常のビザサービスを再開するように同様の嘆願書を発行しました。

商工会議所によると、中国の最新の国勢調査では、14億人の外国人がわずか845,697人、つまり全体の0.06%しか見つかりませんでした。 これはどの国にとっても最小の割合かもしれない、とウートケ氏は語った。

合計人口が4500万人の北京と上海に住む外国人の数は、2019年から60%減少して昨年は127,000人になり、ヨーロッパで最も小さい国の1つであるルクセンブルクの半分以下になりました。

READ  GameStopは2021年6月以来のトップ10スイッチの予約注文を明らかにします