Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビジネスニュース | 日本グループの堀場会長、インドへの投資を増やす時期が来たと語る

ビジネスニュース | 日本グループの堀場会長、インドへの投資を増やす時期が来たと語る

堀場グループ会長兼CEO 堀場 篤(写真:ANI)

ニューデリー [India]ニューデリー、7月6日(新華社):すでにインドに2つの製造拠点を有する日本のグループ、堀場製作所は土曜日、ナーグプールに3番目で最大規模の医療機器および消耗品の製造施設を開設した。

ANIとの独占インタビューで、堀場グループ会長兼最高経営責任者(CEO)の堀場篤氏は、今が同グループにとってインドへの投資を拡大する適切な時期であると述べた。

こちらもお読みください | ヒナ・カーンは乳がん治療中に自分の傷跡を勇敢に見せびらかす。 ボディポジティブに関する女優の投稿は、きっとあなたにインスピレーションを与えるでしょう! (絵を見て)。

堀場氏はアジア太平洋通信社(ANI)とのインタビューで、「インドに投資するタイミングは非常に重要だ」と述べ、「そして今はインドに投資するのに適切な時期だと感じている」と語った。インドにはかなりの数の企業がいますが、私たちは迅速に行動すべきだと思います。」

堀場氏は、インドは急速に成長しており、そのためインドでの製造を促進するだけでなく、研究開発およびイノベーション施設も併設されるナーグプールの新工場への投資を決定したと述べた。

こちらもお読みください | ニートUGカウンセリングは追って通知があるまで延期:議会指導者のジャイラム・ラメシュは、「何百万もの若者の将来は首相と教育大臣の手の中では安全ではない」と述べた。

「インドは非常に急速に成長している。それだけでなく、(この国が持つ)人々のおかげで高い可能性を秘めている。そのため、我々はビジネスを行うだけでなく、研究開発能力を強化することにも関心がある」と堀場氏は語った。

HORIBA のグローバル本社は日本の京都にあり、グループ 50 社が世界 29 の国と地域で事業を展開しており、全世界での事業収益は 23 億米ドルに達します。

日本の大手企業は、政府の政策と国の人口動態がインドに投資する理由だと考えている。 ナーグプール工場には、製​​造、研究、開発、イノベーション施設があります。

新工場の設立に他の港湾都市ではなくナーグプールを選んだ理由について、ホリバ・インドのジェイ・ハコー会長は次のように述べた。港は必要ありません。インド全土に製品を供給するための輸送手段が必要なだけです。」

最近立ち上げられたナグプール工場のコストは約2億ルピーと推定されているとハイク氏は述べ、将来的には必要なだけ投資する用意があると付け加えた。

ナーグプール工場で製造される機器の90パーセント以上は国内市場で使用され、残りの10パーセントは近隣諸国に輸出されるとハコー氏は付け加えた。

ナグプール部門では試薬の生産を開始し、将来的にはインドでの血液学に重点を置いた他の医療機器の製造への拡大を目指している。

ハコー氏は、彼の会社は医療分野だけでなく、事業を展開するあらゆる分野でインドで支配的な地位を占めていると付け加えた。

「当社はマスフローコントローラーを製造しています。これは半導体製造に必要な必須コンポーネントです。」と Hakho 氏は付け加えました。

HORIBAは、世界のマスフローコントローラーの生産において60%以上の市場シェアを持っていると主張しています。 マスフローコントローラーは通常、液体と気体の流れを測定および制御するために使用されるデバイスです。

「…これは製造業の重要な要素であり、私たちはプネーで小規模に始めるつもりですが、ナグプールには今後5年から10年の需要を満たす本格的な工場を建設するのに十分な土地があります。」とハコー氏は述べた。言った。 今のところ、堀場製作所はこの重要なコンポーネントであるマスフローコントローラーだけに焦点を当てています。

「私たちの哲学は、私たちが最善を尽くすことであり、他には行かないことです。これ(マスフローコントローラー)を提供できれば、私たちは素晴らしい状態になるでしょう。」

東インド・日本法フォーラムについて、また堀場がより多くの産業を切実に必要としているインド東部と北東部に投資する計画があるかどうかについて、ハコー氏は次のように述べた。

「私たちの哲学は、どこに工場があったとしてもそれに従うことです。たとえば、私たちは最近、工場のおかげでグジャラート州にオフィスを開設しました。それは北東部地域でも同じでしょう。」

アクト・イースト・フォーラムは、2017年のナレンドラ・モディ首相と当時の安倍晋三首相との会談に続き、インド北東部地域の発展と、この地域内およびこの地域と東南アジアとの連結性の強化という2つの主な目的を持って設立された。

堀場製作所は 2006 年にインドでの直接事業を開始し、デリーに本社を置き、バンガロール、チェンナイ、コルカタ、アーメダバードに拠点を置いています。 同社はハリドワールとプネに 2 つの製造施設を持っています。

HORIBA グループは、自動車、プロセスおよび環境機器、医療診断、半導体コアコンポーネント、科学機器の事業に主に注力しています。 (アニ)

(これは、シンジケート化されたニュース フィードから自動生成された未編集の記事です。最新のスタッフがコンテンツ テキストを変更または編集していない可能性があります)




READ  ホンダの最新の電気自動車は、15,500ドルのミニバンです。 見てください。