Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビスタラがデリーと東京間の直行便を開始

プネ:当局は、インドの日本とのトラベルバブル協定に基づき、航空会社は2つの首都間を週に1回飛行すると述べた。 独自の航空会社を利用します ボーイング 787-9ドリームライナーは3クラスのトラックキャビン構成を特徴としています。 これは ビスタラ プレミアムエコノミーとエコノミークラスおよびビジネスクラスのフライトのオプションを提供する唯一のインド航空会社。
当局はまた、ビスタラが日本からの旅行者のために真のインドのおもてなしを温めるために日本語で客室乗務員を訓練したと付け加えた。
ビスタラのCEO、レスリー・シングは、次のように述べています。 極東 地理は、その巨大な成長の可能性のために、最初から私たちのグローバルな拡大にとって非常に重要でした。 旅行バブルを踏まえ、日本を国際ネットワークに加えることを楽しみにしています。この分野のお客様に最高水準の安全と衛生を維持しながら、最高のインドのおもてなしを提供できることを楽しみにしています。」
航空会社のウェブサイトを含むすべてのチャネルで、フライトの予約が徐々に開かれています。 モバイルアプリ、および旅行代理店。 航空会社は、関連する政府機関によって指定されているように、両国でビザ/入国要件を満たすすべての適格な顧客を受け入れます。

ソーシャルネットワーキングサイトFacebookツイッターLinkedinEメール

READ  BMWとフォードは全固体電池のスタートアップに1億3000万ドルの投資を主導