Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビスタラは6月16日からデリーと東京間の直行便を運航します

タタソンズとシンガポール航空の合弁会社であるビスタラ航空は、6月16日からインドと日本間の直行便を開始すると、航空会社は月曜日の声明で述べた。

この航空会社は、3クラス構成(エコノミークラス、エコノミークラス、ビジネスクラス)のボーイング787-9航空機を使用して、ニューデリーと東京間の毎週のフライトを運航します。

日本は、航空会社が長距離の目的地をカバーできるワイドボディ(ボーイング787)航空機を注文して以来、航空会社がネットワークに含めることを計画している目的地の1つです。

インドと日本間の直行便を運航している他の航空会社には、全日本空輸(ANA)とエアインディアが含まれます。

ビスタラのCEO、レスリー・シングは声明のなかで、「極東は、その巨大な成長の可能性のために、当初から私たちのグローバル展開にとって重要な地理的地域でした」と述べています。

「トラベルバブルを考えると、日本を国際ネットワークに加えることができてうれしく思います。この分野のお客様に最高水準の安全と衛生を維持しながら、最高のインドのおもてなしを提供できることを楽しみにしています」とThng氏は付け加えました。

現在、国際的な空の旅は、二国間バブル協定の下で国間でのみ許可されています。

二国間気泡は、パンデミックの際に前提条件を持って二国間の飛行を再開するためのメカニズムです。

インドは現在、アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、カナダ、フランス、ドイツ、イラク、日本、ケニア、ネパール、オランダ、ナイジェリア、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦、米国を含む約28か国と二国間気泡協定を結んでいます。王国、私たち。 しかし、英国、カナダ、その他の国々などの多くの国では、コロナウイルスの症例数が多いため、インドへの往復の空の旅を制限または一時的に禁止しています。

への参加 ペパーミントニュースレター

* 利用可能なメールアドレスを入力してください

* ニュースレターを購読していただきありがとうございます。

ストーリーを見逃すことはありません! Mintとの接続と情報を常に入手してください。 今すぐアプリをダウンロードしてください!!

READ  大きな解決策:中央銀行は緊急刺激を減らすために並んでいます