Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビリージーンキングカップ2022年:日本がインドを3-0で下した

日本はインドの女子テニスチームを3-0で破り、2022年にアンタルヤで開催されたビリージーンキングカップアジア/オセアニアグループAでキャンペーンを開始しました。 火曜日のアジア/オセアニアイベントでの3つの関係はすべて一方的なものであり、火曜日には中国、日本、韓国がニュージーランド、インド、インドネシアにそれぞれ3対0で勝利しました。 3人の敗者は水曜日に回復するチャンスがあります-インドは中国に直面し、インドネシアは日本に直面し、ニュージーランドは韓国に直面します。

インドは、翌日のグループAの残りの試合で、インドネシア、韓国、ニュージーランドと対戦します。 インドの第477シードのラトジャ・ブサルは、第229シードの内藤祐希との試合で最初にプレーしたが、インド人は1時間9分で6-0、6-4で敗れた。

インドの最高ランクのシングルステニスプレーヤー、アンキタライナ(309)は、インドが2-0で引き分けたため、1時間48分で129シードのメイフンタマに対して6-4、6-4で滑りました。 SowjanyaBavisettiとRyaBhatiaが、日本のペアである青山修子とエナ・シバハラに対するインドのダブルス攻撃を主導しました。 Al-SawjaniyahとRayaは1時間11分で6-0、6-4を失いました。 (アニ)

(このストーリーはDevdiscourseスタッフによって編集されておらず、共有フィードから自動的に生成されます。)

READ  ヴェノム山本由伸はオリックスのような使命を帯びた男でPLタイトルを追う