Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビリージーンキングカップ2022:日本がインドを3-0で下した



ANI |
更新しました:
2022年4月13日22:26 IST

アンタルヤ [Turkey]4月13日(ANI):日本はアンタルヤで行われたビリージーンキングカップ2022アジア/オセアニアグループIの試合でインドの女子テニスチームを3-0で下しました。
火曜日のアジア/オセアニアイベントでは、3つの関係すべてが一方的なものであり、火曜日に中国、日本、韓国がニュージーランド、インド、インドネシアに対してそれぞれ3対0で勝利しました。 敗北した3カ国は水曜日に跳ね返るチャンスがあります。インドは中国と対戦し、インドネシアは日本と対戦し、ニュージーランドは韓国と対戦します。
インドは、今後数日のうちに残りのグループIの試合でインドネシア、韓国、ニュージーランドと対戦します。

477位のインドのRudujaBoseleyは、229位のNitoYukiとのタイで1位になりました。 しかし、1時間9分で、インドのプレーヤーは6-0、6-4で負けました。
インドのトップクラスの女子シングルステニスプレーヤー、アンギタライナ(309)は、129位のマイホンダマを1時間48分で6-4、6-4で下し、インドを2-0で下しました。
SaujanyaPavichettiとRiyaPatiaは、日本のIomaShukoとEnaShibaharaに対するインドの二重の責任を主導しました。 1時間11分で、SoujanyaとRiyaはセットを6-0、6-4で失いました。 (ANI)

READ  日本、5000万線量の職場用ワクチンを発売