Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビンテージの陸上自衛隊車両がタイに登場

ビンテージの陸上自衛隊車両がタイに登場

川津裕也/読売新聞社
タイで陸上航空自衛隊の旧式高機動車が発見される

退役した陸上自衛隊の高機動車両がタイに登場したことが読売新聞の調べで分かった。

車両はシャーシを廃棄することを条件に日本の請負業者に売却された。 その後、日本で分解されてタイに輸出され、そこで再び組み立てられました。

政府は状況を把握しており、調査を開始する予定だ。

陸上自衛隊では1993年度から高機動型車両が運用されている。

車両は耐用年数に達すると、スクラップまたは破壊される予定です。 自衛隊駐屯地への車両の不法侵入などを防止するため、陸上幕僚監部規則では、退役した車両を組み立て可能な状態で放置してはならないと定めている。

引退した車両の転売は禁止されています。 自衛隊車両の車体と識別できる場合は、転売も禁止されています。

現在の規則では、引退した車両は請負業者によって解体され、鉄くずがリサイクルされることになっている。 陸上自衛隊は規定に違反した業者に賠償を求めることができる。

しかし、複数の請負業者は、規則に違反して、タイヤや車体の一部を取り外した状態で高機動車を輸出していたと読売新聞に語った。 また、車両は海外で再組み立てされる可能性が高いとも述べた。

読売新聞は7月下旬、タイ北部で古い高機動型陸上航空自衛隊車両を発見した。 車内では日本語の文書が見られた。 車の所有者は、関東地方で自動車会社を経営するタイ人男性。 男性はタイでの読売新聞の取材に対し、2018年ごろに日本の販売業者から車2台を購入したと語った。 彼は解体した車両をコンテナに入れて横浜港からタイに輸送した。

「写真もあったよ [of high mobility vehicles] ある野党議員は昨年3月、「インターネット上で、ロシア軍が使用しているという主張があった」と述べた。

これに対し、防衛装備庁長官の土本英樹氏は「写真だけでは古い自衛隊車両かどうか判断できない」と述べた。

しかし同庁は4月、自動車の廃車に携わる約40社に対する調査を開始した。

同庁によると、状況を解明するには海外で調査を実施する必要があるという。 2024年度予算の概算要求に関連経費として3億円近くを盛り込んでおり、東南アジアを中心に調査を進める予定だ。

陸自は今年6月時点でトヨタ自動車製の高機動車約2500台を保有しており、このうち約1800台が退役した。

READ  XCOM および文明開発者の Firaxis には約 30 名の従業員がいます