Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビン・サルマン首相、国王の健康上の問題のため外遊を延期

ビン・サルマン首相、国王の健康上の問題のため外遊を延期

東京、5月20日 – 東京の発表によると、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、父親のサルマン国王の健康上の問題を理由に、月曜日に予定されていた日本訪問を延期した。

同氏はさらに、「サウジアラビア王国王子の公式訪問は月曜日に行われる予定だったが、夜のうちに同国政府は国王の健康状態を理由に訪問を延期しなければならないと通告した。 」 日本政府報道官の林芳正氏は記者会見で次のように述べた。

サウジアラビア王国の事実上の統治者であるムハンマド・ビン・サルマン氏は、木曜日まで予定されている訪問中に、日本の徳仁天皇および岸田文雄首相と会談する予定である。 林氏は、両国は日程変更に向けて調整すると述べた。

サウジ通信社によると、サルマン国王(88歳)が肺感染症と診断され、抗生物質の投与を受ける予定となったことを受けてのことだ。

同庁は国王の健康状態について詳細は明らかにしなかったが、日曜朝、「高熱と関節痛」に悩まされたため健康診断を受ける予定だと発表した。

今回の検査は国王が定期検査を受けてから約1カ月後に行われたが、健康状態の詳細は明らかにされず、近年懸念と憶測を呼んでいる。

サルマン・ビン・アブドゥルアズィーズは、肺炎を患い1か月近く入院した後、兄アブドラが90歳で亡くなった後、2015年初めにサウジアラビアで王位に就いた。 イヴィー

emg-yk/lds

READ  パーカー太陽探査機による相互再接続の確認は高速太陽風の発生源である