Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ファイザー社は日本政府の買収を目指しています。 子供のためのコロナウイルスの促進の承認

米国の麻薬大手ファイザーは、5歳から11歳の子供にコロナウイルスのブースターショットを与えるために日本政府の承認を申請しました。

日本のその年齢層の子供たちは、今年の3月からファイザーワクチンを接種しています。 火曜日の時点で、それらの16.2パーセントは2つの弾丸を受け取りました。

水曜日に、ファイザーはブースターを供給する許可を日本の厚生労働省に申請しました。

ファイザーによれば、2回目の注射から約6か月後に3回目の注射を受けた5歳から11歳の海外の子供たちは、中和抗体のほぼ6倍の増加を示した。

同社はまた、ブースターがオミクロンの亜種に対して効果的であり、新たな安全上の懸念はないと主張している。

日本政府の研究者のパネルは今月初めに、ワクチンを2回接種した子供はコロナウイルスに感染した子供よりも抗体が多く、大人よりもワクチンによる副作用を発症する可能性が低いことを示すデータを明らかにしました。 委員会は、子供に予防接種をすることは理にかなっていると結論付けました。

保健省は、ファイザーブースターの安全性と有効性を研究するために、早ければ来月にも専門家会議を開催してから、それが青信号になるかどうかを議論する予定です。

READ  日本の製薬産業部門がカナダの植物ワクチンの承認を取得