Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ファイザー-BioNTechが南アフリカでのCovid-19ワクチン製造契約を発表

完全に稼働すると、両社は、ワクチンの年間生産量が1億回を超え、アフリカ諸国でのみ配布されると述べました。

両社は声明の中で、ケープタウンのBiovac Instituteと技術移転、設備の設置、製造能力の開発に関する同意書に署名したと述べた。 ワクチンの原材料はヨーロッパから輸送され、最初の投与量は2022年に生産されます。

アフリカ全体のワクチン接種率は非常に低く、13億人以上の人口に2,000万回を超えるワクチンが接種されています。 データ 世界保健機関(WHO)によると、人口の1.5%だけが完全に予防接種を受けているとのことです。 マリ、ニジェール、エチオピアを含むいくつかの国では、100人あたりの投与量はほとんどありません。

広告は肯定的な反応を受け取りました。 アフリカ疾病管理予防センターの所長であるジョン・ヌケンガソン氏はCNNに語った。

世界貿易機関で進行中の交渉の一環として、ワクチン技術における知的財産権を放棄するようインドや南アフリカなどの国々から絶え間なく求められています。

大陸でのワクチンの発売は、用量不足に悩まされており、その多くはグローバルワクチン流通イニシアチブ(COVAX)によって提供されています。 これらのポーションの多くは、インドの血清研究所から来る予定でしたが、 輸出は停止されました インドの悲惨なCovid-19の第2波の中で、 再起動しません 年末まで。
私の叔父はケニアでワクチンを接種する前にCovid-19で亡くなり、私はアメリカの薬局でワクチンを接種しました。 これはワクチンの不平等がどのように見えるかです
南スーダンとケニアのいずれかを含む国 パンチが不足しています、または枯渇に近づいており、大陸全体で症例が増加しています。 先週、世界保健機関は、アフリカの国々がCovid-19の死亡者数を毎週43%増加させたと発表しました。
ファイザー/バイオエヌテックが待望の用量を製造する南アフリカは、現在、 致命的な第3の波 それはデルタ変数によって駆動されました。 入国 厳格な保険 6月末には、パンデミックの過程でCovid-19による63,000人の死亡が見られ、現在のレベルでは1日300人以上が死亡しています。
READ  欲求不満の日本政府はウイルスに対する準緊急措置を拡大し、結果はほとんどない