Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ファウチ氏によると、新型コロナウイルスは2012年に鉱山労働者が陥落した洞窟から来たという。

博士 アンソニー・ファウチ COVID-19は、2012年に中国のコウモリが生息する洞窟を訪れた後、3人の鉱山労働者が死亡したウイルスに由来すると「完全に考えられる」と考えられています。

2012 年に鉱夫を殺したコロナウイルスは、COVID-19 の原因となるウイルスである SARS-CoV-2 に最も近いものです。 木曜日、フォーチ氏は中国に対し、武漢ウイルス学研究所(WIV)の研究者だけでなく、鉱山労働者の医療記録を公開するよう求めた。 ウォールストリートジャーナル 先月、2019 年 11 月に未知の COVID のような病気が報告されました。

「2019年にこの病気にかかったと報告された3人の医療記録を見たい」とファウチは同紙に語った。 フィナンシャル・タイムズ. 「彼らは本当に病気になったのですか?もしそうなら、彼らは何に病気になったのですか?…数年前に病気になった鉱夫と同じです.これらの人々の医療記録は何と言っていますか?」

「彼はそこにいた [a] 「この人たちのウイルス?」 「それは何だった? Sars-Cov-2の起源はその洞窟にあり、自然に広がり始めたか、実験室を通過したことは十分に考えられる」と彼は付け加えた.

ファウチ、チーフ ジョー・バイデン国立アレルギー感染症研究所 (NIAID) の主任医療顧問であり、長年の所長である彼は、研究室からウイルスが逃げ出すことは、COVID-19 の出現の最も妥当な説明であるとはまだ考えていないと述べました。

「SARS、MERS、エボラ、HIV、鳥インフルエンザ、2009年の豚インフルエンザのパンデミックなどの経験を踏まえると、ウイルスが急増した可能性が高いと常に感じていました」とファウチ氏は語った。 ただし、可能性が確立されるまで調査を続ける必要がある」と述べた。

アンソニー・ファウチ博士は木曜日、COVID-19が2012年に3人の中国人鉱山労働者を殺したと考えられている未知のウイルスに由来することは「完全にもっともらしい」と述べた.フォーチは2021年5月26日にワシントンD. .
ステファニー・レイノルズ/ゲッティイメージズ

調査は続いており、ウイルスの起源は不明のままですが、ラボのリーク理論は、以前は陰謀説として却下されていましたが、ここ数週間で注目を集めています。 最初の既知の症例が現れる前に、WIV の実験室の労働者が COVID-19 に感染したことが確認されれば、SARS-CoV-2 が実験室から脱出できる可能性が確実に高まります。

2012年に洞窟を訪れた後に病気に感染した6人の中国人鉱山労働者のうち4人のサンプルが2020年にSARS-CoV-2の検査を受け、陰性であることが判明した。 ただし、マイナーが関連するウイルスに感染している可能性があります。 SARS-CoV-2に最も近いRaTG13は、中国の研究者が後に洞窟で発見したいくつかのコロナウイルスの1つでした。

鉱山労働者が SARS のような病気で死亡したという知識は、DRASTIC と名乗るオンライン研究者のグループや、COVID-19 を調査する過激で分散型の独立した研究チームの仕事がなければ、明るみに出なかったかもしれません。 前述しました 沿って ニューズウィーク.

WIV の責任者である Shi Jingli は、男性が洞窟の菌類で死亡したと主張したが、グループは、中国の学術雑誌のデータベースを徹底的に検索した結果、鉱山労働者が SARS のような抗体検査で陽性だったことを発見した。

中国に医療記録を公開するようファウチ氏が呼びかけたことは、彼の批評家から反発を呼んだ. ジェイソン・ミラー元大統領 ドナルド・トランプコンサルタントとスポークスマンは、なぜファウチが「もっと早くにこれを求めなかった」のだろうと疑問に思った. フィナンシャル・タイムズ 記事 – 商品。

それ MSNBC ファウチ氏は同じ日に参加したインタビューで、COVID-19の発生源を突き止めることも「明らかに中国の利益になる」と述べた. 反発を招いた. 批評家は、ウイルスがWIVから逃げたことが判明した場合、中国はその起源をブロックすることで利益を得る可能性が高いと指摘しています。

ニューズウィーク NIAID にコメントを求めた。

READ  ロシアの宇宙ミスの深刻な結果の内部