Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ファナティクス、楽天憲章のもと日本初のオンラインマーケットプレイスを立ち上げる

ファナティクス、楽天憲章のもと日本初のオンラインマーケットプレイスを立ち上げる

デジタルスポーツプラットフォームのファナティクスが楽天市場に出店し、日本初のオンラインマーケットプレイスを立ち上げた。

ある:

  • 日本のファンは、フィンテック企業楽天が運営する楽天市場のウェブサイトで、ファナティクスのライセンスを受けたスポーツ商品を購入できる。
  • このストアでは、Fanatics のパートナー名簿からの 10,000 点以上の公式ライセンス製品を提供しています

コンテクスト:

Fanatics は、メジャー リーグ ベースボール (MLB)、F1、英国フットボール クラブのマンチェスター ユナイテッドなど、幅広いスポーツ組織、チーム、リーグと協力しています。

楽天との提携は、ファナティクスが海外小売業者と合意した最新の提携であり、すでにネクスト、フットロッカー、ウォルマートなどと契約を結んでいる。

コメント:

「私たちは、情熱と誇りで知られる日本中のスポーツファンに、より良いサービスを提供する方法を常に模索しています」と、ファナティクス・イン・東アジアのマネージング・ディレクター、桑名正則氏は述べています。

「そのため、楽天がNBAなど多くの主要スポーツ名と既存のパートナーシップを結んでいることや、日本をリードするオンラインマーケットプレイスとしての卓越性に対する評判を考慮すると、楽天市場で日本初のファンマーケットプレイスを立ち上げることは、私たちにとって自然なことでした。

「このようにFanaticsと提携することで、小売業者はまったく新しい市場に進出できると同時に、そのような動きに通常伴うリスクを大幅に軽減し、Fanaticsの業界経験と専門知識を活用して何千もの認可されたスポーツ製品を配置することができます」 – 言葉のあらゆる意味を込めて – 顧客の手の届くところにあります。

次:

Fanatics は、最終的には利用可能な商品の範囲を 50,000 以上の製品に拡大する予定です。

READ  メッツの捕手ナルバエス、彼は 5 からマイナー リーグの契約を結んだ