Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ファーイースト映画祭が映画に命を吹き込む方法

ファーイースト映画祭が映画に命を吹き込む方法

映画祭を取り巻く誇大宣伝は、最新の大ヒット映画、または近々公開される可能性のある映画の上映に焦点を当てています。 しかし、そのようなイベントの傍らで実際にこれらの作品の復活に役立つ取り組みが増えています。 その一例は、イタリア北部のウーディネで毎年開催される極東映画祭です。

そのこと アジアに焦点を当てる マーケットプレイス プログラムは、映画製作者が配給会社、販売代理店、その他の業界専門家と会い、プロジェクトを開発して完了するためのプラットフォームを提供します。

近年、フォーカス・アジアは早川智監督の絶賛されたディストピアドラマなどの映画の開発を支援している。 プラン75 2022年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され、同年のアカデミー賞日本部門にも選出された。

日系アメリカ人の映画監督 エリック・シレイ 彼は4月24日から5月2日まで開催されたFEFF 2024に出席するためにイタリアを訪れた。 彼は最新の作品を持ってきました 餓鬼に餌をやる方法。 彼がいた フォーカスアジアの一部に選ばれました Far East in Progress は、「国際配給とフェスティバルプレミアを目指すポストプロダクション中のアジア映画に完全に特化した最初で唯一のヨーロッパのプラットフォーム」であると主張しています。

ウーディネで開催される2024年ファーイースト映画祭のアジアフォーカスセッション。 (©ファーイースト映画祭)

「飢えた幽霊に餌を与える方法」

「映画製作者、コミュニティ、配給会社、販売代理店と話をすることで、たとえ具体的なことが何も出てこなかったとしても、同じようなことをやっている人々が集まったこのコミュニティの一員になれるのは心豊かなことです」と白井氏はフォーカス・アジアでの経験について語った。

「時々、励ましが必要です。創造的な努力を続けているのは自分だけではないということを思い出させてくれる励ましが必要です。そう感じることがよくあるからです。」

白井氏はこう説明する。 餓鬼に餌をやる方法 アメリカでビジネスを成功させた女性の物語を描いています。 彼女はポケットにわずか100ドルを持ってベトナムから到着した。

監督は、「この映画は、彼女の複雑な家庭の記憶と、食べ物がどのようにしてその記憶を引き起こし、彼女が自分自身や家族との平和を見つけるのに役立つのかを探ります。」と説明した。

「実話にインスピレーションを得たこの映画は、単なるエンターテイメントではありません。私にとって、この映画を制作することは、主人公に過去のトラウマと向き合い、彼女の人生を見つめる機会を与えるものでした。新しい視点が得られ、それが強力な経験となった。」

映画製作事業

この映画は6本の映画のうちの1本でした 今年の「Far East In Progress」サブカテゴリーに選ばれました。 フォーカス・アジアは、あらゆる種類のプロジェクト市場に対して、合計で 25 か国以上から 100 件を超える応募を受け取りました。 映画製作者が「アジアとヨーロッパの共同製作の可能性を備えた」プロジェクトを開発するためのプラットフォームを提供する。

200 名を超える業界関係者が、フォーカス アジアを通じて提供されるものを見るために特にウーディネを訪れました。 彼らはプロジェクトの制作と配布を支援することに興味を持っていました。 映画制作者には、映画制作のビジネスを中心とした、厳選された制作セミナーにも参加することができました。

『日本酒の誕生』(2016年)エリック白井監督。

アメリカで育った白井さんは、ニューヨーク市と東京で生活を過ごしています。 2015年、ドキュメンタリー映画のおかげで広く名声を得た 日本酒の誕生。 彼の最新の共同制作には、ベトナム、米国、フランス、日本の才能が結集しています。

「どの国にも独自の文化があり、創造性に対する独自の対処法があるため、さまざまな視点やアイデアを示す映画があることは有益だと思います」と彼は言いました。 「例えば、ベトナム映画に豊富な経験を持つフランス人の編集者と仕事をすること、そして私は主にアメリカに拠点を置いているので、さまざまな視点がもたらされます。」

「視点や文化的経験の多様性を考えると、この方法で作られたベトナム映画はあまり多くありません。したがって、これはユニークで豊かな映画製作方法だと思います。これが唯一の方法ではありませんが、効果的なアプローチです。」シライは続けた。 」。

アジア映画を世界へ

フォーカス・アジアの主催者らは、この取り組みはアジアの映画製作者と国際市場との間に架け橋を提供することを目的としていると述べた。 そうすることで、多様性と文化的に豊かな映画の世界に貢献することを目指しています。

「ここのエネルギーは素晴らしく、それぞれが自分の映画に取り組んでいる非常に多くのクリエイターやクリエイティブな個人に囲まれています」と白井氏は語った。 「その空間にいて、そのエネルギーを吸収するだけで、本当に刺激を受けます。そして、そうですね、自信がついたと思います。それは良いことです。なぜなら、私たちの部門には映画が6本しかなく、小さなサンプルを上映する必要があったからです。」

「多くの人が私たちの映画に惹かれ、私たちが見せたものを見て本当に面白いと思ってくれたと思います。それは間違いありません。人々が映画に興味を示し、私たちは正しい軌道に乗っているようです」と彼は結論付けた。 」。

関連している:

著者:藤田可奈子

藤田可奈子は、批評家、作家、映画業界のプロフェッショナルを目指すFEFFキャンパスの一環として、第26回ファーイースト映画祭に出席した。

READ  フミヤの元PBBの同僚が「100人の尊敬される日本人」のリストに含まれています