Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ファーストマリンソリューションズ、商業協力協定を通じて日本の浮体式洋上風力発電市場に参入

ファーストマリンソリューションズ、商業協力協定を通じて日本の浮体式洋上風力発電市場に参入

世界的な係留ソリューションの専門家であるFirst Marine SolutionsとHorizo​​n Ocean Management, Ltd.の間で、歴史的な事業協力協定が締結されました。 (HOM) – 日本の産業大手三井物産と国内有数のタービンメンテナンス会社ホコタクとの間の子会社合弁事業。

この協定では、日本の浮体式洋上風力エネルギー分野の係留戦略に関連したサービスの開発、コンサルティングサービス(設置、運用・保守段階)、係留設置サポート、運用・保守サービス(モニタリング、検査、修理)の提供が予定されている。

FMS の洋上風力発電における経験には、大手開発会社の多数の再生可能エネルギー プロジェクトで重要な役割を果たしたほか、英国を代表する洋上再生可能エネルギーのイノベーションおよび研究センターである ORE Catapult の画期的なプロジェクトへの関与も含まれます。

HOM はすでに日本の洋上風力産業のサプライチェーン内で独自の地位を築いています。 エネルギー業界における係留サービスの著名なプロバイダーとしての FMS の立場と組み合わせることで、この提携により、設計とエンジニアリング、風力発電所のレイアウトの最適化、建物の設置、検査と修理戦略、および係留手続き。

HOMの高木社長は「近い将来、日本でも浮体式洋上風力発電が一般的な選択肢になると考えており、浮体式洋上風力発電の大規模開発が期待されている。 一方で、サプライチェーンの構築に加え、海洋・海底用途に向けたエンジニアリング能力の獲得も必要となります。 浮体式洋上風力発電を含む洋上エネルギー分野で浮体式構造物係留サービスをすでに提供しているファーストマリンソリューションズとの提携は、日本の洋上風力発電産業が求める能力を提供する上で不可欠である。 私たちは昨年からファーストマリンソリューションズと協議を続けており、日本で彼らと協力できることを非常にうれしく思っています。 私たちは、この提携が日本の浮体式洋上風力発電セクターの係留業務とO&M能力を迅速に確立するのに役立つと信じています。

First Marine Solutions のマネージング ディレクター、スティーブン ブラウン氏は次のようにコメントしています。「HOM およびそれに含まれる優れた企業と協力できることを嬉しく思います。FMS は、2020 年に再生可能エネルギー専門コンサルタント会社を設立して以来、浮体式洋上風力発電市場で強力な実績を築いてきました。 ; これは、石油・ガス業界における係留システムの設計、供給、設置における数十年の経験に加えて、当社の製品を真にユニークなものにしています。

「私たちにとって次の当然のステップは新しい地域への拡大であり、三井物産とホコタクの優れた組み合わせを考慮すると、HOM は私たちにとって完璧なパートナーであるとすぐに判断しました。市場をリードする運用および保守サービスはすでに提供されており、私たちは日本の浮体式洋上風力発電セクターの発展を支援できることに本当に興奮しています。

OGV Energy マガジンの最新号を読む ここ

発行日: 2024 年 5 月 28 日

READ  ルピーが対ドルで80ドルを下回り、輸入インフレが懸念される