Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ファーストリテールと商社が日本の日経平均株価を33年ぶりの高値に押し上げた

ファーストリテールと商社が日本の日経平均株価を33年ぶりの高値に押し上げた

[東京(ロイター)] – 日本の日経平均は火曜日、商社とユニクロ運営会社ファーストリテイリングが非公開相場を修正する前に大型株へのテクニカルサポートで上昇を主導したため、上昇幅を33年ぶりの高値まで伸ばした。 。

日経平均株価 (.N225) は序盤の下げを取り戻し、1%高の3万2506.78で取引を終えた。 同指数は1990年7月以来の高値で終了した。

総合的なTOPIX指数 (.TOPX) は0.74%上昇し、2236.28となった。

東海東京経済研究所のチーフストラテジスト、中村貴司氏は、株価の価値を決める特別気配価格の6月9日決定を前に、「指数への寄与度の高い銘柄が投機で買われ、相場を下支えしている」と述べた。インデックスオプションと先物契約。 。

ファーストリテイリング(9983.T)は1.73%上昇し日経平均の上昇にさらに寄与し、商社三井物産(8031.T)も3.86%上昇した。

最近の銀行破綻を受けて米規制当局がより厳しい自己資本規制を課す可能性があるとの報道を受け、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>は0.49%下落し、貸し手の間で損失を主導した。 アドバンテスト(6857.T)は、半導体関連の同業他社(.SOX)が米国取引で下落したことを受けて2.18%下落した。

日経平均株価は過去3カ月で15%上昇し、世界の主要指数を上回った。 14日相対強度指数(RSI)として知られるテクニカル指標は79で、70の基準を上回っており、市場の過熱を示している。

ライトストリーム・リサーチの創設者、ミオ・カトウ氏は「ここ数日は、5月の最後の2週間に比べて、全般的に幅広い買いが入っているように感じられる」と述べた。 「おそらく、日本に最も精通している投資家たちは、より広い視野を得るために、たとえばAIのテーマについて少しずつ交代しているのでしょう。」

東京証券取引所の33業種サブ指数では商社(.IWHOL.T)と鉱業(.IMING.T)が上昇を主導し、2.5%上昇した。 銀行(.IBNKS.T)が0.78%下落し、下落を主導した。

アップル(AAPL.O)に供給する保護フィルムメーカーの日東電工(6988.T)は、iPhoneメーカーが高価な新しい拡張現実ヘッドセットを発表したことを受け、0.9%上昇した。 続きを読む

東京でのロッキー・スウィフトと斉藤信代による追加レポート。 編集:ラシュミ・アイシュとシェリ・ジェイコブ・フィリップス

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ロッキー・スウィフト

トムソンロイター

日本の製薬、小売、最新ニュースに関する主要なレポート。 彼はそれ以前に米国国務省とブルームバーグニュースで働いていました。 ニューフロリダカレッジおよびハワイ大学卒業生。 元ポインターおよびJAIMSフェロー。

READ  ブリトニー・スピアーズが共有した後、ソーシャルメディアから「休憩」| ブリトニースピアーズ