Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フィギュアスケート| 全日本ジュニア選手権での短いパフォーマンスの後、スボイ・ダツヤと住吉ライアンがリードする

政府-19年の東京:緑地、電気通信の台頭は新しいライフスタイルの機会をもたらします

NAGOYAடாSuboyTatsuyaは、11月20日土曜日の全日本ジュニア選手権でのサウンドトラック「TreeofLife」への壮大なスケートでのショートショーの後に先導しました。 3年前にジュニアチャンピオンだった18歳は、過去2シーズン苦戦し、今日も元気になっています。

スーポイの81.05ポイントは日曜日にフリースケーティングに出場し、68.55で2位の吉岡のぞみを12ポイント上回った。 タゴールカトワは67.99で3番目です。

お気に入りとして入ったCavMiuraは、スケートで「冬」を戦い、64.00で7位でフィニッシュしました。 彼は昨年2位で終了し、ステージのトップになりたい場合はやるべきことがたくさんあります。

住吉りをんは女性向け短編映画で1位。 18歳は65.34を獲得し、2位の田中あすさ(62.56)よりも狭いです。 昨年2位に終わった吉田ハンナは3位(62.48)に終わった。

昨年3位だった若いプノンペン真央島田は61.76ポイントで4位。

つぼいはしっかりとしたトリプルアクスルでオープンし、素晴らしいトリプルフリップを上陸させ、トリプルルート/トリプルツーループの組み合わせを打ちました。 彼はすべてのスピンでレベル4を獲得し、滑らかなダッシュと深いエッジを見せながら、ラインナップで3位になりました。

「1年ぶりに6分間のトレーニングで緊張しましたが、ミスをせずに終えることができて安心しました」とスボイは語った。 「私はすべてのステップを踏んだと思います。」

Suboyは、1週間前にトレーニングを開始したフリースケートでQuadSalchoを試す予定だと付け加えました。

16歳の三浦は、しっかりとしたトリプルリュート/トリプルドループコンボから始めましたが、トリプルフリップランディングを克服し、計画されていたトリプルアクスルを単一の形状に変更しました。 彼は2回のスピンでレベル4をヒットし、ステップ順で3位でフィニッシュしました。

「私は本当に落ち込んでいません。大きな穴があります [in the ice] そして、ジャンプできないので、どうしたのかわからない」と三浦は軸を中心に言ったが、穴は見えたが進路を変えることができなかった。 「私はそれを無料で行うだけです [skate]。 本当に勝ちます! 」

住吉は、Triple Loots / Triple Do Loopコンボのバックエンドにフットコールコールステインを付けるだけで、プロジェクトをスムーズに進めました。 東京出身の彼はスピンでレベル4をヒットし、ステップシーケンスで3位に終わった。

「間違えないように、短い計画に集中して練習しました」と住吉は語った。 「簡単にはできませんが、集中して自信を持てます。」

吉田はパフォーマンスに満足し、フリースケーティングを楽しみにしていた。

「とても興奮していたので、短いプロジェクトがまとめられて良かった」と吉田氏は語った。 「明日が楽しみです。」

2度の新しいAチャンピオンである島津製作所は、特にフリースケートでループするために大腿四頭筋を着地させた場合、明らかにリーダーから距離を置いています。

「挑戦したい。ジャンプが難しいので、ミスしたり失敗したりしても他のタブに影響を与えないようにしたい」と13歳の島田はコメントした。そしてジャンプが追加されました。」

著者:ジャックギャラガー

著者はシニアスポーツジャーナリストであり、世界をリードするフィギュアスケートの専門家の一人です。 ジャックが書いた記事やポッドキャストを著者ページで見つけてください。 ここ、そしてツイッターで彼を見つけてください portssportsjapan

READ  日本は国の安全のためにサイバーセキュリティユニットの総数を増やすことです