Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フィリピンがPNVFインターナショナルチャレンジで日本とタイに勝つ

PNVFインターナショナルチャレンジで女子代表バレーボールチームが日本とタイにひざまずきながら、PVLMVPのトッツカルロスがフィリピンに輝いています。

フィリピン、マニラ-フィリピン女子バレーボールチームは、フィリピン国立バレーボール連盟(PNVF)の国際チャレンジでの2日間の展示キャンペーンで敗退し、日本に4セットの圧倒的な敗北を喫しました。14-25、9-25 、23-25、19-25。

トッツ・カルロスは、6月12日日曜日にサンファンのフィロイルフライングVセンターで、世界第7チームに対して14ポイントを獲得し、代表チームへの最初の任務で力強いショーを続けました。

ミレンバットも8得点、キャプテン阿部マラノは4セットで終了する予定だった親善試合で7得点を挙げた。

長いオッズにもかかわらず、カルロスが率いるフィリピン人は最後の2セットで日本人と激しい戦いを繰り広げ、23-22でリードした後、3-0でライトニングマッチに落ちました。

グループDの終了時、フィリピンはまだ18-21以内でしたが、石川真佑は実際に23-18のアドバンテージを得るためにストレートポイントで契約を結びました。

石川は19回の攻撃と3回のエースでベンチから22ポイントを獲得し、すべての得点者をリードしました。一方、エリミヤビはわずか3セットで13ポイントを獲得しました。

フィリピンはまた、東南アジア競技大会チャンピオンのタイの前日、13-25、10-25、16-25の3セットでつまずいた。

マラノがわずか6ポイントで進んだため、フィリピン人は2桁の得点を突破しませんでした。 デルパロマタが5つ星のブロッカーを追加し、背の高いスターのアリッサバルディーズがゴールなしで得点しました。

勝者側では、ペンピチャヤ・コクラムが15ポイントでリードし、サシプロン・ヤントゥイスットが13ポイントを獲得しました。

日本とタイは現在、フィリピンバレーボールネイションズリーグの復帰に向けて準備を進めています。 日本人は現在、4-0のクリーンな記録で順位をリードしていますが、タイ人は3-1のスコアでそれほど遅れていません。 –Rappler.com

READ  オリー・ロビンソン: クリケット評議会は、古い人種差別的および性差別的ツイートに対する「トップの」コメントを再考するよう呼びかける | 英国ニュース